グルメ

昭和の雰囲気が残る唐戸商店街deお惣菜「旬のおかむら」

下関市唐戸町1 唐戸町1−22 [Google Map]
083-222-7216
09:30~13:00
定休日 日曜日、祝日
地図や駐車場など詳細な情報はこちら

「旬のおかむら」はこんなお店

平成が終わり、令和が始まり、新たな気分の山乃撫子です。さて、あなたはご存知ですか?唐戸商店街で毎日お惣菜を販売していらっしゃるご夫婦を。その方たちが「旬のおかむら」の岡村さんご夫婦です。

岡村さん。この笑顔が私は好きです!

 

唐戸商店街にはそれぞれ通り名があります。「洋菓子の三好屋」さんがある通りを『銀天街』と呼びます。その「三好屋」さんの前でお惣菜を売っているのが、岡村さん。時にはお二人で、時には御主人と奥様が交互にいることもあります。

銀天街での販売は30年にもなるのだそうです!毎日朝9時半から13時まで、夏の蒸し暑い日も冬の凍える寒い日も営業されています。

銀天街の様子。

お惣菜は、奥様が前夜から仕込み、朝5時半から手作りする家庭の味。薄口で無添加なので、優しい味です。その数、なんと二十種類!コンロ5台を使い分けて作るのだそうです。一番人気は「ほうれん草の白和え」。そして、旬のものを取り入れることも忘れません。

春は、たけのこ、蕨、ふきなどを使います。お漬物、唐揚げ、おむすびもあります。こんな手間がかかっているのに、値段が100円から200円なんです!そんな岡村さんのお惣菜、食べてみたくありませんか?

一品100円から。お財布にも身体にもやさしいお惣菜が並びます。

「旬のおかむら」の店舗はカラトコア一階にあります。徳島出身の岡村さんのご両親は戦時中釜山に渡り、生鮮野菜の仲卸業を始めたことがきっかけで八百屋を始めました。

帰国後は、昭和24年に開設された公設市場があった場所(現:唐戸ドームそばの幸太郎本舗あたり)で食品店を始め、その後三角公園、唐戸町6番地の公設市場、そして平成に入ってはカラトコアに店舗を移しました。

ちなみに、岡村さんは釜山生まれ。日本に帰国後、下関に暮らし始めて60年以上。唐戸のありとあらゆる歴史や変貌を見届けてきた先輩。話を聞いて、唐戸は市場を中心に発展し、とても勢いのある街だったと改めて認識しました。

まだその名残が残っている、この地域の魅力を生かした戦略はないものかと思う次第です。

カラトコア一階に店舗があります。

新しい「令和」という時代に残る、昭和の雰囲気を残す唐戸商店街。開いている店舗が少なくなる中、岡村さんのようにがんばっていらっしゃる方もおられます。

「旬のおかむら」のお惣菜を求めに、あなたも昭和レトロな商店街に足を運んではいかがでしょうか。懐かしさの中に、新しい発見が見つかるかもしれません。

これから暑くなりますが、岡村さん、身体に気をつけて。ときどき買いに伺います!

旬の食材で、日本の家庭の味を提供する。

「旬のおかむら」の地図や駐車場など詳細情報


旬のおかむら
下関市唐戸町1 唐戸町1−22
083-222-7216
09:30~13:00
定休日 日曜日、祝日
駐車場なし
なし

「旬のおかむら」の近くにあるお店

三好屋ショーケース
四角いサバラン「三好屋」はじめまして!これからかんもんの甘いものを食べ歩いて紹介します。 【かんもん甘さんぽ】第1回は、三好屋のサバランです。 まあるいはず...
昼は喫茶、夜は居酒屋に変身??「US-MATE とみや」このお店、知ってる? 唐戸商店街の赤間本通りとバス通り沿いあるUS-MATE。「ユー・エス・メイト」と読んでいました。ところが、名...
ちょっと気軽に立寄ってみて!知られざる「とらや藤城」こんにちは。下関には古くから多くの歴史が残っていますが、唐戸商店街の各店舗にも歴史や苦労が伝えられている事を目の当たりにし、驚愕している...
UDONの話をしようかと思ったんだけど「桃太郎」「桃太郎」との出会い それは東京だった。 「え!? 桃太郎をしらんの?」同郷の先輩にとても驚かれた。そう、わたしは数年前まで「桃太郎...
ABOUT ME
山乃 撫子
山乃 撫子
2017年、先祖代々の地「下関」を世界に広めたいと移住。人にもスポットを当てながら、関門の魅力を発掘・拡散していきたいと思います。よろしくお願致します。