MENU
観光

歴史ある亀山八幡宮の「さらなる進化」が止まらない!–御朱印編–

 山口県下関市中之町1-1 [Google Map]
 083-231-1323
06:00~19:00(※毎月1日と15日は午前5時に開門)
定休日なし
地図や駐車場など詳細な情報はこちら

「亀山八幡宮」はこんなところ

唐戸市場の真向かいにある、観光にも日常の参拝にも好立地な「関の氏 亀山八幡宮」。

その長く深〜い魅力から、我らが「かんもんノート」の常連組の名スポットです。

まずは、土井ライターの記事のおさらいから。

◉「鳥居の野球ボール」や「フクの像」についてはこちら。

野球ボール1
見どころ満載で1回では全部説明できない「亀山八幡宮」 下関市中之町1-1 [Google Map] 083-231-1323  -  - 地図や駐車場など詳細な情報はこちら ...

◉「お亀ぎんなん」や「無病息災お守り」についてはこちら。

禰宜さん3
無病息災のお守り!なんだか不思議な「お亀ぎんなん」満を持して2回目の亀山八幡宮へGo! 以前見どころ満載で1回で紹介できないと言った亀山八幡宮。そんな前回の記事はこちら。 2回目はま...

タイトル通り、まさに「一回では全部説明しきれない」のが亀山八幡宮です!!

今回は魅力の中から、亀山八幡宮に眠る「秘蔵コレクション」の一部と、

大注目の「オリジナル御朱印」を大公開しましょう!

まずはここで手を清めてと・・・。

亀さん親子の手入水がなんともかわいい!
そして「亀」山らしい!(笑)

いざ参りましょう!

「亀山八幡宮」の秘蔵コレクション

今回は下関ビギナーの筆者を、権禰宜(ごんねぎ)職の林宣昭(はやしのりあき)さんが、快く案内してくれました。

さっそくですが、本堂の中央にある立派な看板の「八幡」の文字に

「動物」が隠されているのをご存知でしたか?しかも2種類も?!

じーっと目を凝らして、探してみてくださいね!(正解は記事最下部に!)

さらに案内されるは、先ほどの動物隠れる看板の、右手の秘蔵コレクション部屋。

普段は開放していない部屋、とのことで大興奮の取材です。

丁寧に額装された、レトロなイラストたちがズラ〜!と並びます。

これは圧巻。

林さん「下関はむかし、馬関(ばかん)と呼ばれていて。その頃からの街並みや営みを、先代の神主中心に、イラストをお願いして、総出で残したんです。」

林さん「どう?なかなか立派でしょう?」

当時の下関(馬関)の栄華を伝えるコメントがついたイラスト達の数々。
昭和41年に先代の神主さんが書き起こしを依頼。

今井平馬さんによる手書きイラストが30枚以上も大事に保管されています。

言葉だけでは伝えきれない鮮やかさが、今の私たちにも心に響きます。

林さん「こうやって本も編纂して。今の神主達で大事に持ってるんですよ。」

イラストや本で、当時の活気ある人々の息遣いが伝わってくるようです。

そして、後世に残したい!と尽力される神主皆様の並々ならぬパワーも感じますね!

普段はお見せできない部屋ですが、タイミングが良ければチャンスはあるかも。何度か通ってお話を聞いてみてくださいね!

秘蔵写真で見る「亀山八幡宮」のいまむかし

お話を聞く中で、神主さんたちが大事に保管している過去の写真も見せてくれました。
昔は、この鳥居の目の前まで海だった。。。と、聞いたことがある方も多いかも。
とはいえ、想像がつかない!!

それって本当なのかしら!?・・・ですよね?百聞は一見にしかず、です。鳥居を中心に見ていきましょう。

それがこちら。
(以下、写真5枚亀山八幡宮所蔵)

「・・・!!」結構な衝撃。

これらは「大正時代」の写真なのだそうです。

さらに時代変わりまして、次のカラー版は、写真を元に色を付けた絵ハガキだそう。(昭和5年と書いてありますね、すごい!)

昭和5年当時にタイムスリップしたかのような臨場感!
いよいよ、壮大な取材になってきました。

70年以前の歴史まで遡っても、荘厳な姿で関門海峡を臨んでいます。

下関の街と共に、長い歴史を刻んでいます。本当に、本当に素晴らしい!

個人的にも、もっともっと深掘りしたい!

取材当日は、たっぷり記事何個分ものお話を伺えて、なんとなんと、スマホとデジカメの
充電が切れる有様でした。大失態です。(笑)

皆様のご好評いただけましたら、次回記事につながるかも・・・!?

暖かいコメントを切に、お待ちしております!

その進化がさらに止まらぬ「亀山八幡宮」

お伝えしてきた歴史の長さ、伝え聞く八幡宮の変遷。
さらに親身な神主の皆さんの魅力だけでも十二分な名スポットですよね。

それなのにここ「亀山八幡宮」は、訪れる参拝客皆さまへの加護の思いから、更なる進化が止まらないのです!

それは、今女性や若者にも大人気の御朱印

そのオリジナリティとバリエーションのあまりの数の多さで、これまた有名なんです。一部をご紹介しましょう!

古地図の荘厳な金色スタンプがかっこいい「古図御朱印」(2ページ組1000円)

すっぽりご朱印帳に貼れる。サイズまでの気遣いがうれしい。「お亀いちょう御朱印」(500円)

筆者も御多分に漏れず、今まで御朱印を集めており、下関移住前からも、この噂は聞いていたほどでした(笑)

掲載しきれませんが、まだまだ他にも種類があります!

ぜひ直接、ご参拝のほどを。

さらに。限定御朱印まで存在する!

実は、「毎月29日限定」の御朱印が存在するんです。
御朱印コレクター泣かせ(?)の、目が離せない企画がたくさん!
それがこちら。
筆者の昨年のコレクションからで、恐縮です。

「しかし、なぜ29日?」って??

言うまでもないですよね、

「2・9(フ・ク)」の日だからぁ〜・・・!!

今年の令和2年9月29日は「フ・ク・フ・クの日」にちなみ、

盛大にフク朱印&フクメニューを一堂に揃えるイベントも開催しました。

スタンプ感覚でなく、参拝後に頂くものとはいえ、
なんだか楽しさしかないです!ハイ!

まだまだ進化が止まらない亀山八幡宮の魅力をぜひ、体感してください。

くれぐれも、毎月29日をお忘れなく…!(笑)

(冒頭で、看板にひっそりと居たのは「鶴」と「亀」でした。見えるかしら?)

「亀山八幡宮」の地図や駐車場など詳細情報

 亀山八幡宮
 下関市中之町1-1
083-231-1323
06:00~19:00(※毎月1日と15日は午前5時に開門)
定休日なし
駐車場あり(15台程度)
 関の氏神 亀山八幡宮

「亀山八幡宮」の近くにあるお店

創業昭和41年の唐戸・下関にあるラーメンの名店「一龍軒」 下関市唐戸町2-17 [Google Map] 083-232-0655 11:00〜20:30 火曜日定休 地図や駐...
ふくの宝石箱「河久(かわく) 唐戸店」 下関市唐戸町5-1 [Google Map] 083-235-4129 10:00〜18:00 定休日なし(正月4日間は休...
赤間神宮の隣で、美味しい抹茶・ほうじ茶が飲めるカフェ茶翠縁(ちゃすいえん)倉本クリーニングの隣に、ほうじ茶・抹茶の楽しめるテイクアウトカフェがオープンしました!...
御朱印帳アップ
下関市でもかわいい御朱印帳発見!「赤間神宮」 下関市阿弥陀寺町4-1 [Google Map] 083-231-4138 なし(社務所_9:00~17:00) 定休日な...
赤間神宮拝殿
こんなに美しい神社って他にあるっけ?「赤間神宮」(後編)「赤間神宮」前編はこちら。まだ読んでない方は前編からどうそ! そこお賽銭って書いちゃう? 前回の続き!階段登...
ABOUT ME
answerrrme
answerrrme
東京から移住したての、下関ビギナー。 歌舞伎・銭湯・赤提灯居酒屋…江戸と昭和レトロをこよなく愛する、元セレクトショップ店員です。趣味で銭湯ライターをしていた事を生かしつつ、独自の視点で下関の魅力をお届けします!