日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

こんなに美しい神社って他にあるっけ?「赤間神宮」(後編)

「赤間神宮」前編はこちら。まだ読んでない方は前編からどうそ!

 

そこお賽銭って書いちゃう?

赤間神宮階段

前回の続き!階段登りましょう!

赤間神宮拝殿

正面にドーンと拝殿があります。

赤間神宮お賽銭

四カ国語(日本語・英語・韓国語・中国語[簡体字・繁体字])で何やら説明書きが。参拝の順序がわかりやすく書いてあるんだけど、タイトルが’参拝の仕方’ではなく’お賽銭’なのが潔いです!

赤間神宮内部02

赤間神宮内部01

中をチラッと覗くとこんな感じ。水が張ってて凛とした雰囲気。ここでの和装の結婚式はすごくフォトジェニック(インスタ映え?)でオススメ!

赤間神宮小屋

参拝してから右を見るともうお正月の準備が着々と進んでいます。

左側の手前にはお守りなどを売っている場所ですが、撮影NGなのでみなさま、お気をつけください。
自分はうっかり撮影しちゃって巫女さんに注意されました。笑

赤間神宮宝物殿

その建物の横には宝物殿入り口、拝観料は100円です。

 

まだまだ続くよ!

赤間神宮水天供養塔

赤間神宮水天供養塔説明

更にその先には水天供養塔があります。説明書きどうぞ!

これで終わりじゃないんです!

赤間神宮耳なし芳一像

その先の細い道を進むとなんと耳なし芳一像

なぜここにあるかって?なんとこの話、赤間神宮が舞台なのです。ちょっとおどろおどろしい雰囲気で子供は怖がっちゃうかも。

ちなみにビフォー・アフターでいうアフターなので、像に耳はありません。

赤間神宮平家一門の墓

赤間神宮平家一門の墓説明

更に更に奥には平家一門の武将を祀る墓もあります。

見どころ満載の赤間神宮。
何も知らないでいくと、たぶんさらーって見ちゃうだろうからもったいない!

いやー神社ってどこも調べると奥が深いですね。ワクワクしますね。
以上、赤間神宮からでした!

赤間神宮


住所下関市阿弥陀寺町4-1


電話番号083-231-4138


営業時間なし


定休日なし


駐車場あり


ホームページ赤間神宮

オキノミツカズ by

1975年山口県下関市生まれ。偶然読んだマンガの影響で建築を志望するようになり、大学進学と同時に上京。設計事務所を10年以上続けるも、2016年4月に単身赴任的なカタチで帰省しゲストハウス「ウズハウス」を開業。仕事以外の時間は録りためた2時間サスペンスを見てるか、買いためた小説を読んでるかの二択。

twitter02
SNSでフォローする