グルメ

♡ロバートのおやつ♡「まなべのたこ焼き田の浦店」

北九州市門司区鳴竹1丁目14-6 [Google Map]
093-332-3872
11:00~16:00
水・木曜日定休
地図や駐車場など詳細な情報はこちら

「まなべのたこ焼き田の浦店」はこんなお店

かつて、北九州にたくさんの店舗があった「まなべのたこ焼き」をご存知だろうか?

当時は、今のようにたこ焼きのチェーン店も少ないし、九州では、自宅でたこ焼きをする家もまだ珍しかったと思う。

私が、小学生くらいの頃だったと記憶している。シングルマザーになった母が、残業後に抱えて帰ってくるそれ。まだ、馴染みでない甘酸っぱいたこ焼きソースの香りに、食欲をそそられて大きめのタコを噛みしめ味わうでもなく、がっついて食べた。

そんな思い出をぼんやりと、いや、ソースの香りを嗅いだ途端、ハッキリと思い出させてくれた門司の田野浦地区にただ1店だけ残る、「まなべのたこ焼き田の浦店」。

昭和61年から創業開始。ここの店主は、自転車屋のおいちゃん。
この辺りで知らない人はいないほど、時を重ね親しまれている「まなべのたこ焼き田の浦店」は、働かないでマグロになったら、死んじゃう!と笑うおいちゃんが、本業の閑散期である冬にもできる仕事をと始めたのがきっかけ。

今でこそ副業、セカンドワークなんて言葉も流行る時代だけど、先駆け的存在なのでは…と驚く。

おいちゃんの場合、巨体で横たわるマグロではなく、止まると死んじゃうと言われる回遊魚生きたマグロだ。

「まなべのたこ焼き田の浦店」のメニューはこちら

全盛期には、20店舗以上あったというまなべのたこ焼き。

うちが生き残ったのは、これのおかげなんよ。とおいちゃん、おばちゃんが口を揃えて教えてくれた、ここ「田の浦店」名物のわがまま焼き。

名物「わがまま焼き」の中身は、たこ以外にも人気な中身、【もち、チーズ、シーチキン】と言った鉄板ネタ含めて4種がすべて味わえる、まさにわがまま!!

14個入り、10個入りと選べるところも、買う側のお腹の具合に、寄り添い続けてきたことが分かる。

「まなべのたこ焼き田の浦店」で今回頼んだメニューはこちら

マヨ入りたこ焼き

持ち帰りもできるけど、たこ焼きといえば、やっぱ焼きたてやん!?

「まなべのたこ焼き田の浦店」には、カウンターもあり、ちょっと寄り道がでら食べて行くこともできる。

門司の田野浦出身芸人のロバート秋山さんと馬場さんも、地元の味として出演番組で紹介するほど。

「マヨ入りと、なしができるよ!」と、ご新規さんには、おいちゃん口ぐせのように聞いてくれる。2度目からは、「入りやったね。」と覚えているあたり、商売人。

元々、まなべならではの鉄板で焼かれた、たこ焼きは外はカリッと中はふんわりだけど、マヨ入るとさらにその特別感が増す。ちょっとしたこだわりが更に美味しさをアップ。
マヨネーズが苦手じゃなければ、ぜひおすすめ!

「まなべのたこ焼き田の浦店」の地図や駐車場など詳細情報

まなべのたこ焼き田の浦店
北九州市門司区鳴竹1丁目14-6
093-332-3872
11:00~16:00
水・木曜日定休
駐車場なし

「まなべのたこ焼き田の浦店」の近くにあるお店

【開店】ついに完成!ロバート秋山パパの新店が移転オープン!「ファンキータイガーアジト」で、門司港の本格焼きカレーとハンバーグを!門司港にあるロバート秋山パパのお店がついに移転オープン!その名も「ファンキータイガーアジト」!その中に潜入してみました!...
弁弁オーナー
街中の喧騒から離れてゆっくり時間を過ごせるお店「喫茶 弁・弁」思わずただいまと言いたくなる! 以前取材させて頂いた、「グリシェンカフェ」のグリシェンさんおすすめの「弁・弁」へ。 門司港駅から...
インスタにもご注目!地元門司港に愛され20年のたこ焼き屋さん「たこ膳」北九州市門司港の小原市場すぐそばにあるたこ焼き屋「たこ膳」さんのご紹介記事。オーナーさんが70歳を機に始めたインスタグラムも面白すぎて要チェックです。...
ABOUT ME
becte
becte
旅が好き。人が好き。本が好き。美しいものが好き。 学生時代に門司港に住もうと決めた願いが叶って、丘の上に白い家を建てました。 早鞆ノ瀬戸を一望できるその家で、老後はカフェとゲストハウスがしたいと妄想中です♪