日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

まもなく全貌が明らかに!?鉄骨パネルに覆われた「門司港駅」

5年間も隠れたまま!!

2012年に始まった門司港駅の修理工事。築100年ともなると大変なんですね。
現在はこんな姿です・・・
木造駅舎の風情はどこにもありません。

なんとなく名残が・・・

ホームは以前のままですね。観光客の方がここで写真を撮っているのをよく見かけます。木造の駅舎は珍しいのですね~

工事見学デッキ??面白いのでしょうか?せっかくなので覗いてみよう!!

ただの工事現場ですね~

駅舎は全く見えず。覗き込んでると、中のおじさんと目が合っちゃいました。

このようなパネル案内もありました。門司港駅の歴史にうっすらと触れることができますよ!

職人さんの手で丁寧に修理されているんですね。

 

完成は?いつ??

にしても、何も分からない。完成は2018年春?2019年春?とも言われていますがいつなんでしょうか。

うーん!!待ち遠しいですね。壁のアート作品を見て楽しむのも〇

鉄道駅として、初の国の文化財に指定された門司港駅。工事了後には、創建当時の姿になるのだとか。楽しみですね。

国内外からたくさんの人に見に来てほしいなー!

門司港駅


住所北九州市門司区西海岸1-5-31


電話番号093-321-8843


営業時間 5:40~22:00(みどりの窓口)


定休日年中無休


ホームページ門司港駅

ume by
東京生まれ。その後西へ西へ移動しながら父の故郷である北九州小倉へ移り住む。3年前に15年離れていた北九州に戻る。 旅好き、食べ歩き好き、何より楽しいことがすき。まだ知らない北九州の魅力を探る日々。
SNSでフォローする