イベント

【イベント】「海辺のカモメ市」に行ってみた

ステキなお店しかなーーーい!

GW突入しましたねー。

そんなわけで早速、4/29日(日)までのイベント「海辺のカモメ市」に行ってきました。

JR門司港駅を降りて、門司港レトロハイマート(1番高いタワーマンション)を目指して歩きます。

おお!既に沢山の人たち!!

シャレオツな雰囲気が漂いますね。ワクワクを抑えきれないよー!いざ、突撃ーーー!!

雑貨や観葉植物、リネン、アクセサリーなど可愛いが目白押し!

なんせ96出店だもの。散財覚悟だー!(笑)

さてさて。そんな中から、いくつかのお店をピックアップさせていただきます。

 

(1)アクセサリー作家「Fika」(下関市)

レジンや天然石を使ったアクセサリーが可愛い上に、店員さんがキュートだったのですぐに声をかけました(笑)

彼女はコーヒー屋さんの店員さんでもあるので、本物の珈琲豆をレジンでコーティングしたバッジも販売していましたよ。思わずお買い上げ~

 

(2)文房具雑貨「つつみ舎」(下関市)

様々なイベントに出店されているつつみ舎さんは、和布刈神社の中にある「ひもろぎ母屋」さんにも出店していたこともあります。

珍しい文房具が沢山あって、そのセンスは抜群!メールやLINEではなく、あえて手紙を書きたくなっちゃうようなアイテムが揃っていますよ。

そんなつつみ舎さん等にイラスト雑貨を卸している「chiqon-ちきゅうおん-」さん。

独特なタッチのイラストは、ポストカードや便箋、包装紙など、思わずプレゼントしたくなるような愛らしいものばかり。

ちきゅうおんさん自身も、やはりとても愛らしい笑顔の素敵な方でした。

 

(3)木工雑貨「JUNK CRAFT CARAVAN」(豊前市)

この日1番目立っていた彼(笑)

産業廃棄物である木材を、新たな物に生まれ変わらせているJUNK CRAFT CARAVANさんは、なんと!豊前市にあるインスタ映えする巨大イスを作った方でした。時の人ですね!

ユーモア溢れる作品に目を奪われっぱなし。

 

(4)レコード/雑貨「LIVING ROOM/藤松レコード」(北九州市)

以前取材させていただいた「藤松レコード」さん。コアな音楽ファンを魅了し続けるレコードがズラリ。

雑貨も、オーガニックのものや素材の優しいリネンにハーブティーなど嬉しい品揃え。

その他にも紹介しきれないほど魅了的なお店がてんこ盛りでした!

きっと、たった1つのお気に入りが見つかるはず。イベントは今日が最終日!

みんなで門司港にGO-GOGO☆

イベント詳細

タイトル海辺のカモメ市


日付2018年4月28日(土)/29日(日)


時間11:00~16:00


場所門司港レトロ中央広場


ホームページ海辺のカモメ市
Facebookページ

門司港レトロ中央広場


住所北九州市門司区東港町1-12


電話番号


営業時間


定休日


駐車場あり


ホームページなし

ABOUT ME
金村 知香
金村 知香
生まれも育ちも北九州。北九州在住。 上京していたものの約10年前に帰郷。 趣味はバドミントンと神社/お寺巡り。