テイクアウト

【2021年テイクアウト最新情報まとめ】唐戸エリア①

テイクアウト最新情報 唐戸エリア①
こんにちは!テイクアウト情報再び、ということで、唐戸エリアの最新情報をお伝えします!

下関の手打ちそばといえば…「田舎そば」でしょ?

創業47年の「いなか蕎麦」。現大将になって30年。下関では本当に数少ない手打ちの老舗のお蕎麦屋さんです!取材に伺ったら、ちょうど大将が麺を打っていました!練るまでの作業で3時間はかかるとか。「踏むときは体力勝負」。そんな手打ち蕎麦が唐戸で食べられるなんて!もちろん、出前も可能です。店舗では、ちょいのみセットもあり、蕎麦屋ならではのそば湯割り焼酎や、定食ものも定評です。今はテイクアウト、少し落ち着いたら、店舗でぜひ味わってください。

心も体もあったまる。お昼は行列のできる本格手打ち蕎麦「田舎そば」下関市唐戸にある「田舎そば」。45年続く蕎麦屋さんは、お出汁はもちろんそばも手打ちで全て手作り。夜は居酒屋さんになります。...

日替わりランチがお得!「US MATE」

ランチのテイクアウトは、変わらず日替わりメニュー。日替わりランチは定番メニューですが、どれも安くて美味しいです。ランチの数が決まっているので、できれば事前にオーダーするほうが確実です。お店のインスタグラムで日替わりランチもチェックできます!どれも美味しそう。さて、あなたのお好みランチはどれですか??

昼は喫茶、夜は居酒屋に変身??「US-MATE とみや」このお店、知ってる? 唐戸商店街の赤間本通りとバス通り沿いあるUS-MATE。「ユー・エス・メイト」と読んでいました。ところが、名...

ケーキセットもお持ち帰り「ふじ珈琲」

サバドッグ、アンコウドッグ、フグドッグ、そして、クジラドッグが加わりました。ふじ珈琲オリジナルメニューです。ついでに、デザート用にコーヒーと人気のロールも一緒に頼んで、ふじ珈琲のテイクアウト、堪能しませんか?メニューはHPでご確認を。
・お店のHPはこちら

ふじ珈琲カウンター
新しいコミュニティができるかも!?「ふじ珈琲」のこだわりを味わおう。珈琲が苦手でも「ふじ珈琲」のは飲める!って人もいるらしい! カモンワーフにほど近い「ふじ珈琲」。気になっていた方も多い...

バレンタイン前に行きたい「三好屋」

手作りのボンボン!

唐戸唯一のケーキ店。この時期の季節ものは、自家製のバレンタイン用のチョコレートとボンボン。「ボンボンの中は、シャリシャリ系です」と社長。このボンボン、なんか昔懐かしい感じで実に美味。チョコレートはバレンタインまでで売り切れるかも、ボンボンはホワイトデーまで販売します、とのことです。ケーキの種類も豊富ですが、実は軽食などのメニューもあったりする、隠れ家的な喫茶店でもあります。バレンタイン前に一度行ってみよう!
・お店のHPはこちら

三好屋ショーケース
四角いサバラン「三好屋」はじめまして!これからかんもんの甘いものを食べ歩いて紹介します。 【かんもん甘さんぽ】第1回は、三好屋のサバランです。 まあるいはず...

海鮮もから揚げも美味しい「がっつり市場」

昨年唐戸商店街にオープンした市場直送の魚さんたちを使った丼ぶりものが人気。新鮮な種類豊富な魚をたっぷり使った唐戸丼は、一度は食べてみたい!海鮮だけでなく、から揚げ弁当などもあってテイクアウトのメニューは豊富。オーダーする方が確実です。
・お店のHPはこちら

【開店】がっつり市場・唐戸店オープン!!!唐戸商店街でも、唐戸市場直送のお魚の海鮮丼が気軽に購入できるようになりました。人込みを避けてゆったり味わいたい「がっつり市場・唐戸店」誕生です!...

オープン!「KUROBOSHI」下関店

2月6日(土)、くじらキッチン・ジェイジェイパールが、「KUROBOSHI」というチュロス屋さんに生まれ変わりました!最近、関東・東北あたりで続々出店されている揚げたてチュロスのお店のようです。アイスブリュレクリームなども人気だとか。唐戸でおやつを食べるなら、KUROBOSHIさんのチュロスやデザートを食べながら、散策してみては?
・お店(KUROBOSHI)のインスタグラムはこちら
・くじらキッチンのHPはこちら

あの○○社長が、捕鯨に新風を巻き起こす!都会的でおしゃれな空間「くじらキッチン」「CIAO!!」店内に入るやいなや、威勢のいい挨拶。唐戸に2019年7月19日オープンされた「くじらキッチン」に取材に行ってまいりました!花と緑あふれ、都会的な雰囲気に温かみも感じられる、とても素敵な空間です。...

以上、テイクアウトできる唐戸エリア・その①をお送りしました。続編②もお楽しみに☆

ABOUT ME
山乃 撫子
山乃 撫子
2017年、先祖代々の地「下関」を世界に広めたいと移住。
人にもスポットを当てながら、関門の魅力を発掘・拡散していきたいと思います。
よろしくお願い致します。
→このライターの記事一覧はこちら