グルメ

あの○○社長が、捕鯨に新風を巻き起こす!都会的でおしゃれな空間「くじらキッチン」

下関市唐戸町4−1 [Google Map]
083-250-7712
 11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日なし
地図や駐車場など詳細な情報はこちら

「くじらキッチン」はこんなお店

そろそろ梅雨が終わるのかと思いきや、まだまだ雨が続くようですね。湿気が非常に苦手な山之撫子です。でも、こんなジメジメ空気を吹き飛ばすように、唐戸に、夏のように明るいお店が今月19日オープン。「くじらキッチン」です!

カモンワーフと対面した商店街サイドの大きなガラス窓。そこに「くじらキッチン」があります。「あれ?」とお気づきの方もいらっしゃいますよね?そうです、ここはもと「Nine」があった場所。

「くじらキッチン」のオーナーは、下関では有名な「平田社長」だそう!!「居酒屋日の出丸」やワインバーなども経営する、下関屈指の若手社長です。それだけで「行ってみようかな」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

雰囲気のある外席

 

「CIAO!!」店内に入るやいなや、威勢のいい挨拶。オープンキッチンにいる長身のイケメンシェフ。それだけで、別世界に来たような??さて、Nineも北欧風で落ち着いた雰囲気の店内でしたが、「くじらキッチン」はさらにバージョンアップ!花と緑あふれ、都会的な雰囲気に温かみも感じられる、とても素敵な空間になっていました。各テーブルには色見を統一したテーブルフラワーと、落ち着いた色味の飾り花がセンスよく並びます。そして、可愛いお皿たちはポーランド産。女性ウケしそうな予感♪

スタッフと平田社長。カッコイイ!

 

おしゃれな空間

 

かわいいデーブルコーディネイト

 

キッチンカウンター

 

一番最初に気になったのが、壁一面の背の高い観葉植物の前に置いてあるフルーツや野菜が入った「デトックスウォーター」。素材の栄養素がたっぷりしみ込んだ健康的なお水です。大きなガラスのウォーターサーバーに、スライスされた食材が入って、カラフルでポップ。今回の3種類は「夏らしい爽やかなフルーツと野菜」が使われていました。それぞれの味がほんのりして、素材の種類は季節毎に変わり、ランチタイムにはフリーで飲めるとのこと。ここまで来たら「女性ウケ間違いなし」に太鼓判!!

緑の中にオレンジやピンクがさわやか

「くじらキッチン」で今回頼んだメニューはこちら

7月1日、商業捕鯨が再開されたことは、ご存知ですよね。下関はもともと捕鯨の街。ということで、「クジラの赤みと森のアボカドのタルタル」を戴きました。ネーミングから美味しそう。このクジラはクマミンクという種類で、あまり癖がないそうです。実際、柔らかい牛肉のような食感と味は、アボカドと自家製タルタルが、ちょうど良くブレンドされていました。アボカドの皮が器になっているのも◎。結構クジラ肉が入っていました。

「クジラの赤身と森のアボカドのタルタルソース」950円

 

ロウソクの光もテーブルを演出

 

平田さんは捕鯨解禁にあたり「クジラで下関を盛り上げたい」「下関の方に喜んでいただきたい」という熱い想いのもと、この「クジラキッチン」を開業されました。

また、今流行りのタピオカ専門店「謝謝珍珠」も同時開店。

捕鯨の街・下関を21世紀風「都会的おしゃれ空間」で体感してみませんか?今までにない、捕鯨の新しい風を感じるはず。

同日オープンしたタピオカ専門店「謝謝珍珠」は、下関でも行列!

「くじらキッチン」の地図や駐車場など詳細情報


クジラキッチン
下関市唐戸町4−1
083-250-7712
 11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日なし
駐車場なし
くじらキッチン Facebookページ

「くじらキッチン」の近くにあるお店

Lizスコーン
重要文化財で感じる英国の風!「Liz」でティータイム重要文化財でお茶ができるってよ なんとも素敵な響きである。しかし敷居がいささか高そうである。実際のところどうなのか、ちょうどセールで買...
歴史と珈琲と美味しいデザート。静かで落ち着く「Le Cafe OTO(オト)」下関市みもすそ川町にある、ガレットがいちおしのカフェ。関門トンネル人道入り口から徒歩1分、古美術品も鑑賞できます。...
好きが繋がり笑顔広がる「BAGDAD CAFE」1999年9月。 珈琲好きな父に喜んでもらいたくて、関門海峡を眺められる赤間神宮沿いでカフェを初める。 お店の名前は、好きな映画...
ABOUT ME
山乃 撫子
山乃 撫子
2017年、先祖代々の地「下関」を世界に広めたいと移住。人にもスポットを当てながら、関門の魅力を発掘・拡散していきたいと思います。よろしくお願致します。