日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

好きが繋がり笑顔広がる「BAGDAD CAFE」

1999年9月。

珈琲好きな父に喜んでもらいたくて、関門海峡を眺められる赤間神宮沿いでカフェを初める。

お店の名前は、好きな映画から名付けた。

その名も「BAGDAD CAFE」。

海を眺めながら美味しい珈琲を飲んで、大好きな音楽を聴いて楽しい時間を過ごす。

また来たよー。調子はどう? そうやって、1人、また1人と、この場所を愛してくれる”仲間”がどんどん増えていった。

あれから約9年。

「お好きなお席へどうぞ」と、お気に入りの席でゆっくり寛いでもらいたくて、古民家をリノベーションし移転することに。

たくさんの方々に助けられながら、約5ヶ月かけて自分たちの手で作った新たなスペースは、壊してはいけない柱を残し、壁という壁を次々にぶち抜いて開放的な空間にした。

テーブルも廃材を使った手作り。

地下には秘密の図書館「Lesesal」

静かに寛いでもらうため、ここだけは小さなお子様はご遠慮いただいている。

ギャラリー「Wunderbar」、個室でゆったり「Wind Cafe」、共同運営の雑貨屋「clay」

パン作りをするスタッフのために造ったパン作りの部屋など、愛情と遊び心の詰まったお店となった。

ランチメニューは、人気の”五穀米のごはんランチ”や”グランマランチ”

”オムライス!?のランチ”は、オムライスに見える洋風天津飯。その他、映画のタイトルを名付けたメニューも満載。

スタートは父のためだったけど、珈琲が好きで、音楽が好きで、映画が好きで、下関が好きで、いつしかBAGDAD CAFEが好きなみんなが集まる場所となった。

月に1度、この場所が好きでここで音楽をやりたいという仲間が集まる「音タイム」も人気。

移転から9年経った今でも、たくさんの方々に愛される場所として変わらず賑わっている。

そんなBAGDAD CAFEが2007年に初めた愛情たっぷりなイベント「ONEDAY Picnic」は、今年も5月20日(日)に開催。

お楽しみに!!

BAGDAD CAFE


住所下関市上田中町2-17-25


電話番号083-223-5361


営業時間11:00〜23:00


定休日木曜日


駐車場あり


ホームページBAGDAD CAFE

金村 知香 by
生まれも育ちも北九州。北九州在住。 上京していたものの約10年前に帰郷。 趣味はバドミントンと神社/お寺巡り。
SNSでフォローする