日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

ずっと気になっていた観光列車「潮風号」に乗ってみた!

潮風号って何?

線路

「潮風号」ってご存知ですか?門司港レトロなんかを訪れると、すぐ近くを何ともレトロな列車が走っているのを見かけたことがあるかも知れません。

潮風号

それこそ、「潮風号」です。

「北九州銀行レトロライン 潮風号」という名前の観光列車で、元々石灰石やセメントなどを港まで運ぶために使われていた貨物線を、とーってもゆっくりなスペースで走っています。

 

大人気の観光列車!

潮風号は「北九州鉄道記念館駅」、「出光美術館駅」、「ノーフォーク広場駅」、「関門海峡めかり駅」の4つの駅に停車します。

定期運航は土日祝で、春休み、夏休み、GW中は毎日運航しています。

この潮風号、2両編成なのですが、長期休みなどは立っての乗車になったり、乗れなかったりする場合があるので注意が必要です!

 

みんなが手を振ってくれる!

子ども連れでの乗車がおすすめな理由その①
みんなが手を振ってくれる!

車窓から手を振る娘

ゆっくり走る「潮風号」のいいところは、乗っている人も、近くを通りかかった人も手を振り合うというところ。

運転手さんも、駅で見送るスタッフの方も、車内に乗車しているスタッフの方も、みーんな手を振ってくれます^^

子どもはもちろん喜んで手を振りますが、大人だってガンガン手を振っちゃいます!

車内が混み合っている時は相席になったり、立っての乗車になりますから、近くの方ともちょっとお話できたりします。

ご年配のご夫婦と相席した時は、娘よりもご夫婦の旦那さんの方が「おーい」と言いながら手を振っていらっしゃいました。ほほえましく素敵な光景でしたよ~。

 

子どもが大好きなスポットからスポットへ!

子ども連れでの乗車がおすすめな理由その②
子どもが好きなスポットからスポットへ楽しく移動できる!

出光美術館駅

今日乗ったのは門司港レトロが目の前の「出光美術館駅」。

門司港レトロのイベントを覗いていたら、ちょうどいい時間だったので九州鉄道記念館駅行きの列車に乗車!

潮風号乗車中

始めて乗る観光列車にテンション上がりました!「海辺のカモメ市」で門司港レトロ中央広場も大賑わい♪乗っている時間は2~3分だったかな。あっという間に着きます。

 

九州鉄道記念館は夢の国~

九州鉄道記念館駅

九州鉄道記念館は子どもだけではなく、鉄道好きな大人だって十分楽しめる施設ですよね!

ひろーい敷地の中に所狭しと並んだ鉄道を堪能できたり、運転の疑似体験ができたり、ミニ鉄道の公園なんかもありますね。

潮風号はこちらで終点。折り返しになります!乗りっぱなしで折り返すことができないので注意!

車内清掃中

スタッフさんが車内清掃などをされるので、一度車内は空っぽの状態になります。

人気スポットの駅だけあって、乗車されるお客さんも多いです!余裕をもって並んでおくことをおすすめします。

 

次は~出光美術館駅~

九州鉄道記念館から乗車すると、次の駅は出光美術館駅です。先ほど乗った門司港レトロ前ですね。

イベントのある日はこの駅で乗り降りする方もとっても多いです。言わずと知れた観光スポット!

 

次は~ノーフォーク広場駅~

ノーフォーク広場駅

以前かんもんノートでもピックアップしたノーフォーク広場。詳しくはこちらの記事をご覧ください(笑)

下関から人道を通って、ここから潮風号に乗車するのもアリだな~。

関門橋

対岸に下関のあるかぽーと周辺や関門橋も見えましたよ~。気持ちいい~。

 

次は~関門海峡めかり駅~

ノーフォーク広場駅と海峡めかり駅との間には短いトンネルがあります。以前レンタサイクルの記事でも登場したトンネルです。

トンネル内では車内含め辺りが真っ暗になるんですけど・・・
ここで驚きサプラーイズがありました!!

楽しみがなくなるといけないので、ご乗車された時にご確認ください!あ~言いたい!暗闇に怯えていた娘は一瞬でテンションが上がりましたよ♪

海峡めかり駅

気を取り直して終点、関門海峡めかり駅です。九州最北端の駅なんですって!

海峡めかり公園駅の様子

駅のすぐ近くにおっきなタコの滑り台があるめかり公園があります!周りにも芝生広場があったり、何と言っても景色がすごい!

子連れママが多数下車していきました。のびのびと子どもが遊べる公園だと思います。次は絶対ここで遊ぼう♪そこに見えてる客車カフェ「かんもん号 オハフ33」もめっちゃ気になる!第二展望台にも登ってみたいなぁ。

 

まとめ

と言う感じで、また折り返しの潮風号に乗って出光美術館駅まで戻りました。

お知らせ

お得な1日フリー切符があるので、全部の駅で乗り降りして楽しめます。ベビーカーもたたんで置けるスペースもあったので、ママさんたちも安心ですよ!

関門海峡周遊マップ

(ホームページより画像をお借りしました)
また、潮風号と関門汽船、サンデンバスを利用して関門海峡を跨いで楽しめる関門海峡クローバーきっぷなんかもあったりします。楽しみ方がもっと広がりますね!

あっという間の列車の旅でしたが、大満足でした!見える景色もきっと季節によって変わるでしょうし、線路沿いにはおすすめスポットが盛りだくさんです。

一度と言わず、二度、三度乗ってみようと思う事間違いなし!娘と、また乗ろうね~次はここにも寄ろうね~なんて言い合いながら列車に手を振り、ほくほくで駅をあとにしましたとさ。

潮風号から張り切って手を振りまくっていた娘が、帰りの車の車内でも手を振りまくるという余韻・・・楽しかったんだね、うん。

潮風号(北九州鉄道記念館駅)


住所北九州市門司区西海岸1-7-1


電話番号093-331-1065


営業時間9:00〜15:30


運行日2018/3/17~11/25の土・日・祝
2018/7/21~8/31の毎日


駐車場なし


ホームページ門司港レトロ観光列車

tae by
突如下関に現れた関西人。子どもと関わる仕事の経験がありながら、2歳児の子育てに日々てんやわんやの主婦です。親目線、子ども目線での情報を提供していきます。
SNSでフォローする