日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

【観光客インタビュー】「#福岡旅行」で検索!インスタ見て門司港に来ちゃいました!

「#福岡旅行」で検索!インスタ見て門司港に来ちゃいました! / Search ‘#福岡旅行(Trip to Fukuoka)’ on Instagram! We saw the Instagram photos and came to Mojiko!

名前:亀井さん(他1名)
出身地:兵庫県
年齢:22歳
取材場所:門司港海峡プラザ前

Name:Ms.Kamei(1 other)
Nationalty:Hyogo perfecture, Japan 
Age:22
Place:Mojiko kaikyo-plaza

 

—関門エリアに来たのは何回目ですか?
—How many times have you been to kanmon area?

初めてです。
It’s our first time.

—ここまでどうやって来ましたか?
—How did you come here?

福岡空港まで飛行機できて、博多からは電車で来ました。
We flew in Fukuoka Airport, then came here by train from Hakata.

—なぜ関門エリアに来たいと思ったのですか?
—Why did you want to come to the kanmon area?

以前、糸島へ行ったことがあって楽しかったのでまた福岡に来たいと思いました。今回はインスタグラムで#福岡旅行で検索したら門司港レトロの写真が印象に残ったので決めました。
Since We’d been to Itoshima before and had a great time there, we always wanted to come to Fukuoka again. This time when we searched #福岡旅行(Trip to Fukuoka) on Instagram, and we saw the pictures of Mojiko Retro. Those pictures left an impression on us, so we decided to come here.

—観光にあたって何を参考にしましたか?
—What did you refer to for sightseeing?

それもインスタグラムです。
It is Instagram too.

—この中で実際に食べたものや、食べたいものはありますか?
—Is there anything you actually ate or want to eat in this panel?

お昼に焼きカレーを食べました。美味しかったです。ふぐのお刺身が美味しそうですね。
We had baked-curry for lunch. It was delicious. Blowfish Sashimi looks good as well.

—この中で実際に行ったところや、行ってみたいと思うところはありますか?
—Are there any places you actually went or want to visit this panel?

門司港のレトロな建物を見ただけです。次回は下関へも行きたいです。
We only saw retro buildings in Mojiko. Next time we want to go to Shimonoseki too.

—このエリアを旅して気に入ったところや不満なところはありますか?
—Are there any points that you felt satisfied ,or dissatisfied while traveling this area?

町がコンパクトなので短時間で歩いて回れるのがいいですね!行きたかった飲食店が閉まっていたので残念でした。
The size of town is compact, so it is great to walk around in a short time! It was too bad that the restaurant we wanted to go was closed.

—ありがとうございました。楽しい旅になりますように!
—Thank you so much! I hope you enjoy your trip!

 

提供:北九州市・下関市(関門地域行政連絡会議)

ume by
東京生まれ。その後西へ西へ移動しながら父の故郷である北九州小倉へ移り住む。3年前に15年離れていた北九州に戻る。 旅好き、食べ歩き好き、何より楽しいことがすき。まだ知らない北九州の魅力を探る日々。
SNSでフォローする