日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

関門トンネル人道歩いて疲れたら「若松屋」で休憩してはどうでしょう?

九州へようこそ!

下関側から人道トンネルに入り、15分くらいてくてく歩いて門司港側に出ると、すぐ左手に見えるのが若松屋。

若松屋外観01

若松屋外観02

若松屋外観03

すごくいい雰囲気でしょ?もうこれだけで行ってみたくなったでしょ??
で、中はこんな感じ。

若松屋内観01

若松屋内観02

お店に入ると働いてるおばちゃんたちが元気ににこやかに挨拶してくれる!

店内はテーブル席もカウンター席もあって、ひとりで行っても数人で行っても安心なパターンのやつ。

若松屋メニュー

メニューはこちら。
自分はここのおでんが大好きなので、迷わずおでん定食をオーダー。定食につくおでんは、全10種類の中から好きなネタを4つ選べるシステムです。

自分が選んだのは大根・スジ肉・玉子・厚揚げ。
他にはごぼう天・丸天・すまき・ちくわ・こんにゃく・糸こんにゃくがあります。

ちなみに単品でも注文可能でどれでも1つ105円。
ん?
108円じゃなくって??消費税っていま5パーセントだったっけ???

若松屋おでん定食

と、悩んでるうちに定食来ました!
おでんのお皿にちょこんとのってるカラシもざらざら系の好きなやつ!

味が染みてて、あっさりしてなくて美味しい!←めっちゃ褒め言葉のつもり。
食べ終えたタイミングでご主人がたまたますぐ近くにいたので、うっかりおでんを追加オーダーしそうになるのをこらえていろいろ聞いてみました。

 

ここは街の案内所かな?

若松屋オーナー

こちらはお店のご主人。雑談中はにこにこと喋ってくれたのですが、写真撮らせてって言ったらマジメな顔に。(笑)

若松屋おでん

なんとトンネルが開通した頃(1958年)に開業したらしく、もう60年以上の老舗だとのこと。

地元の方が定食を食べに来てくれたり、テイクアウトしてくれたりも多いそうで、地元に愛されてる感がビシビシ伝わってきます。
最近では外国人観光客も多いのだとか。美味しいものは世界共通だね。

ちなみにおでん定食がダントツ人気かと思いきや、ちゃんぽんも人気メニューとのこと。

若松屋弁当

おでん弁当まであって、買っていく人も多いらしい。

と話し込んでる間にも、お店にはいろいろな人がやってくる。

ご飯を食べに来たお客さんはもちろんのこと、タクシーを呼んで欲しい人や関門海峡の潮流信号の読み方を聞いてくる人などなど。
タクシーは電話代10円で呼んでくれるし、潮流信号の記号の意味だって教えちゃう。

なんだか街の案内所のような気すらしてくる。いや、ここは歩いて渡る人にとっては九州の玄関口。九州全体の案内所と言っても過言ではない!!気がちょっとだけする。

そんな役割も果たしてる若松屋。ちゃんぽんも人気とのことなので、今度はそっちを食べてみよう!

若松屋


住所北九州市門司区門司3492


電話番号093-332-2039


営業時間10:00〜15:00


定休日水曜日


駐車場あり


ホームページなし

オキノミツカズ by

1975年山口県下関市生まれ。偶然読んだマンガの影響で建築を志望するようになり、大学進学と同時に上京。設計事務所を10年以上続けるも、2016年4月に単身赴任的なカタチで帰省しゲストハウス「ウズハウス」を開業。仕事以外の時間は録りためた2時間サスペンスを見てるか、買いためた小説を読んでるかの二択。

twitter02
SNSでフォローする