日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

教えたくないお店「ひもろぎ母屋」

神聖なる場所にある、上品な空間

”神籬(ひもろぎ)”ってご存知ですか?

神様がいる山や森などの周囲に常磐木を植えて、玉垣を結んで、神座としたもののことをいうそうです。

今回は、なんとも神聖で凛とした空間が大変美しいお店にお邪魔してきました。

その名も「ひもろぎ母屋」。

何屋さんだと思いますか?んふふ。

こちら雑貨を取り扱っているカフェなんです

─が、

なぜに”ひもろぎ”なのか。それは、お店のある場所に関係がありました。

なんと!『九州の最北端に鎮座する神社』でご紹介させていただいた「和布刈神社」の敷地内にて、ひっそりと丁寧にゆったりと、営業日も限定してオープンしているんです。

やはり神聖な場所なので”撮影はお控えください”とのことですが、今回は許可をいただいたので、ほんの少しだけ。

しんとした静寂はあまりにも穏やかで心地よくて、洗礼された空間そのものが本当に素晴らしいのだけど、展示・販売されている雑貨のセンスもまた抜群なんです。

ココが神籬だっていうことがわかるアイテムがちょいちょい飾られていたりして、藍の美しいワンピースが並ぶ下に目をやると不動明王さまがちょこんと鎮座していたり。

いちいち可愛い。ほんっといちいちツボ。

正直誰にも教えたくないと思ってしまうくらいにオススメ度の高いお店です。

もー、内緒ですからねー。

ひもろぎ母屋


住所北九州市門司区門司3492


電話番号093-321-0749


営業時間11:00〜17:00


営業日不定期


駐車場あり


ホームページ母屋 | ひもろぎ
Instagram

金村 知香 by
生まれも育ちも北九州。北九州在住。 上京していたものの約10年前に帰郷。 趣味はバドミントンと神社/お寺巡り。
SNSでフォローする