カフェ

みんなでつくる居心地のいいカフェ空間『hygge(ヒュッゲ)』

北九州市門司区栄町5-19 シャッチョビル1F [Google Map]
 なし
 12:00~17:00
 月・木曜日定休
地図や駐車場など詳細な情報はこちら

「hygge」はこんなお店

最近また新しい動きが見える門司港の『シャッチョビル』。

まずは一階にオープンした『hygge』さんを取材してきました!

シャッチョビルの一階といえばチョコレート屋さんの『クーチェ』。

クーチェも最近、チョコレートだけにとらわれず素材にこだわった美味しいスイーツのお店として生まれ変わり、不定期営業中です。

そのクーチェと店舗をシェアしている『hygge』は、基本的には月木以外の日にオープン。

店主の陣内さんはお子さんたちが就職して手を離れたことを機に、“なにか楽しいことをやりたい!”と一念発起してお店をオープンしました。

最初は不安もあったそうですが、「門司港の人は本当に親切だし、2階にドライフラワー屋さんができるというのも後押しになった」と陣内さん。

地元の人に来てほしい、との思いがあり、値段を上げなくて済むようすべて一人で切り盛りしています。

面白いのは、お水も注文もセルフだということ。

お客さんが多いときにはメモに注文を書いて渡してもらうようにしているそうです。

“hygge”とは、デンマーク語で『心がホッとして、幸せを感じる、心地よい場所や時間』という意味なのだとか。

陣内さんは、「門司港の人たちとそんなおうちみたいな場所がつくれたら素敵だな」という思いでヒュッゲと名付けました。

 

 

「hygge」のメニューはこちら

3種類のランチと、“ひるさがりメニュー”としてデザートと軽食が楽しめます。

 

「hygge」で今回頼んだメニューはこちら

今回私はミャンマーカレーを注文しました。

これは門司港にあるミャンマーの寺院『世界平和パコダ』にちなんだもの。

「野菜をたっぷりとってほしい」ということでお皿の半分がお野菜。嬉しい。

欲張って、デザートも。

カラメルチーズケーキは甘すぎず、大人の味でした。

門司港が本当に大好きで、「ここにいるからには門司港の発展に役立ちたい、中から元気になってほしい」と語る陣内さん。

そんな気持ちが通じてか、お客さまも少しずつ増えてきたそう。

ヒュッゲに行って、みんなでホッと幸せな空間をつくりませんか?

 

「hygge」の地図や駐車場など詳細情報

hygge
北九州市門司区栄町5-19 シャッチョビル1F
 なし
 12:00~17:00
 月・木曜日定休
駐車場なし

「hygge」の近くにあるお店

【開店】朗報!門司港に待望のチョコレート専門店「craft chocolatory cutze」がオープン!!最近、さまざまなジャンルの新しいお店が増えてきている門司港の山側のエリア。海側の門司港レトロ地区とはまた違った趣のある個性的なお店も多く...
門司港を訪れた人と地元の人の交流の場に!「門司港ゲストハウス ポルト」旅の疲れを癒し、新たな船出を見届ける、旅人たちの港。港まち門司港に「PORTO(港)」というなの宿ができました。...
和菓子激戦区・門司港~ほっこり系和菓子屋さん~「ことじ」値段も手頃で手土産にも最適な「ことじ」の和菓子。つぶ餡が求肥に包まれており、一口サイズで何個でも食べれそう。 ...
ABOUT ME
忽那 恵
忽那 恵

北九州生まれ、北九州育ち、北九州在住。OLをしつつ、門司港中央市場にあるシマネコブックストアの運営に携わる。ワープと分身を駆使して、日々楽しい人・場所を探訪中。
twitter02