日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

筋トレでもマッサージでもないトレーニング?! 身体の不調を感じたら、コンディショニングが出来るスタジオ「Natural muscle」へ

【PR記事 – かんもんノート】

筋肉にモチモチ感を取り戻せ!

「身体の不調を解消する、ツラくないトレーニングがある」と聞いて、「そんな都合のよいものがあるのか」と、先日、東京都世田谷区にあるスタジオ「Natural muscle(ナチュラルマッスル)」に行ってきた。

東急田園都市線、世田谷線の「三軒茶屋駅」から徒歩3分のところにある「Natural muscle」。場所は、大きな道沿いにあってわかりやすい。

みなさん、「今回はなぜ、東京のお店!?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。実は『コンディショニング』のメソッドを開発した有吉与志恵さんは、北九州市のご出身なのですよ!

その『コンディショニング』とは、筋肉が本来持っている弾力を取り戻し、きちんと動く状態にすること。筋肉が硬くなることから起こる、疲れやすい身体や冷え性、むくみなどの不調を解決してくれるのだそうだ。

40を目前に控え、身体は何ターン目かという曲がり角。疲れがとれにくくなってきたし、思い返せば、日々の暮らしは、パソコン仕事で一日中座りっぱなし、ちょっとの距離でも車移動……。ああ、恐ろしい。使われない筋肉は、委縮してどんどん硬くなっていっているのだろうか。

先生!楽チン至上主義の私の筋肉も、どうにかなりますか!?

 

運動が苦手な人でも大丈夫。大切なのは、気合いよりリラックス。

『コンディショニング』は、トレーナーによるマンツーマン指導で行われる。今回お世話になったのは、森一馬さん。

まずトレーニングに入る前に、ハーブティーを飲みながら15分間の足湯タイム。同時に森さんが、身体の悩みをヒアリングしてくれた。「最近、寝ても寝ても疲れがとれなくて……。目の下のクマも、なかなかとれないんです(涙)」と、救世主にすがるように悩みを洗いざらい打ち明けていると、じんわり汗ばんできた。

これは、乙女(39歳)の恥じらい(冷や汗)ではなく、ハーブティーや足湯で身体があたたまり、血流と代謝が良くなった証なのだとか。運動効果も高まることから、『コンディショニング』では、身体をあたためることを大切にしているという。

過去に一過性で通ったスポーツジムでは、「これからトレーニングするぞ!」と気合いを入れないと身体が動かなかったけれど……。こんなにリラックスしていいのだろうか!「『コンディショニング』では、リラックスすることが何より大切なんです。お客さまの中には運動が苦手な方も多いんですよ」と森さん。

トレーニング=ハード、リラックスするトレーニング……?(脳内変換)

 

『コンディショニング』のビフォー・アフターを体感できるモニタリング

足湯の後は、モニタリング。森さんが、立った状態と仰向けの状態の私の身体を観察し、不調の原因を探る。これがまた、骨まで透視されている気分である。「左肩に比べて、右肩が低くなっているのがわかりますか?骨盤の左右の高さは変わらないので、上半身が右に傾いているようですね」。ほうほう。「骨盤は、少し後ろに傾いていますね」。たしかに、つま先よりかかとに重心がある感じ。まっすぐ立っているつもりでも、自分では気づけない歪みがあるんだなあ……って、本当に骨まで見られていた!仰向けの状態では、身体と床の密着具合を見てもらったが、ここでも左側が浮いていることをビシッと指摘する森さん。

結果、私の身体は背骨が右に傾いていることが判明。これが、疲れやすい身体の原因だったとは……!その歪みをなくすべく、背骨まわりの筋肉を整えるのが、今回の私の『コンディショニング』プログラムとなった。

 

脱力することがポイントのリセットコンディショニング

『コンディショニング』は、リセットコンディショニングとアクティブコンディショニングからなる。リセットコンディショニングで、硬くなった筋肉をもともとあった弾力のある状態に整え、アクティブコンディショニングでは、整った筋肉を維持していく仕組みだ。

NCA認定ボディコンディショニングポール
ハーフ(税込価格6,480円)
ロング(税込価格: 7,020円)

主な道具は、「ボディコンディショニングポール」のみ。なるべく道具を使わないのも『コンディショニング』の特徴のひとつ。

リセットコンディショニングで一番大事なのは、脱力すること。ポールの上に仰向けになり、足や手も一番リラックスできるポジションに置く。森さんに、「このまま寝てしまいそうになるまで」と言われ、「本当に眠っちゃいますよ……」と心の中でつぶやくデビルわたし。

そしてご覧ください。私が一番リラックスした姿が、

こちらである。

いや、しかし、本当にラクだ。本来であれば、背骨まわりの筋肉は寝ているとき、そして寝返りを打ったときに整うはずが、現代人はあまり筋肉を使ってないので、こんなポーズでもとらないと、身体を休めることができないんですって!

この状態で、動くところまで肩を上下に動かし、

前後にも動かしていく。このときのポイントは、小さく動かすこと。関節は、力を抜いて小さく揺らすことで、弾力を取り戻すのだそう。

リセットコンディショニングが終わって、もう一度モニタリングしてみると、

お〜、肩甲骨からお尻にかけて、身体が床に密着するようになってる!少しの種目で、こんなに効果が体感できるとは!

 

アクティブコンディショニングで筋肉を再教育

次は、呼吸をすることでリラックスした筋肉に本来の動きを教えてあげる、アクティブコンディショニングへ。

胸の上とお腹あたりに手を置いて、呼吸をしたときに筋肉がどんな動きをしているのかを、自分で確認する。

スーーッ、ハーーッ。呼吸をしたときに横に広がって欲しいところが、私の身体は前に出がちだというので、感覚をつかむまで、森さんにサポートしてもらいながらゆっくり呼吸。「わたしのマッスルよ、これが正しい動きなのだ。覚えてくれ……!」と、念・念・念。

これを何回か繰り返したあとのモニタリングでは、

両肩の高さが揃い、足の裏全体に力がかかるようになっている。長い時間をかけて蓄積してきた身体のクセが、30分ほどの『コンディショニング』で解決できてしまった!身体は軽く、心なしか視界も明るくなった気がする。頑固な筋肉だろうと思っていたのに、「すぐに効果があらわれる、素直な身体をお持ちですね」と、森さんからお褒めの言葉をいただき、モチベーションアップ!

『コンディショニング』の最終目標は、自分で身体を整えることができるようになること。まずは週1回のペースでスタジオに通い、その合間に自主トレーニング。疑問が出てきたら、随時トレーナーに相談。呼吸⇒座る⇒立つ⇒歩く…と、赤ちゃんの発育と同じように、順を追って自分でできる種目を増やしていき、身体を整えることができたら「卒業」なのだという。道具をほとんど使わず、どこででも空いた時間に気軽にできるのもうれしい。忙しい女性たちにおすすめのトレーニングだ。

わたしもすこやかな40歳を迎えるべく、引き続き『コンディショニング』で疲れにくい身体を目指すぞ!

「Natural muscle」
「キタエルよりもまずはトトノエル」をモットーにした「Natural muscle」は、三軒茶屋店のほか、恵比寿や青山などに店舗を展開している。平日は21:30まで受付をしているので、都内近郊で働く方は、仕事帰りにぜひ身体をトトノエル「Natural muscle」へ行ってみてほしい!
http://naturalmuscle.jp/

Natural muscle 三軒茶屋店


住所東京都世田谷区太子堂4-4-2


電話番号03-6804-0839


営業時間火~金_10:00〜22:00(最終予約20:30)
土曜日_10:00〜20:00(最終予約19:00)


定休日日曜日・月曜日


駐車場なし


ホームページNatural muscle 三軒茶屋店

noi by
東京在住。編集プロダクションnoi株式会社代表取締役でありディレクターの殿井と、そのアシスタントでありライター中野の2人組。企業広報誌をはじめ、医療・介護からライフスタイル、カルチャー誌など幅広いジャンルの制作を請け負う。師弟関係となって7年だが、その土台は下関にある某高校の先輩&後輩。馬関っ子の体力と「あ・うん」のコンビネーションで、日々仕事・遊び・仕事!殿井の好物はおかき、中野はスルメ。
Noi,Inc.
SNSでフォローする