お店(飲食以外)

若い方にぜひお勧めしたい、和食の魅力「仕出し こんどう」

下関市上田中7-2-1 [Google Map]
083-223-3798
 ・火曜~土曜 09:30~13:00頃(売れ切れまで)
・月曜、日曜(仕出し予約のみ)
地図や駐車場など詳細な情報はこちら

「こんどう」はこんなお店

7月も半ば、お子様たちが夏休みでソワソワする季節ですね。いかがお過ごしですか。

山之撫子です。今日は以前から気になっていた「こんどう」さんをご紹介します。

店頭近所の方が買いにいらっしゃいます。

 

「こんどう」は、植木紙店の道路を挟んだ真向かい側、唐戸から東駅方面に向かう左側にあります。実は50年以上続く「仕出し屋さん」なんです。現在3代目の新谷さんが継いで10年ほど。 仕出し屋に生まれ育ち、当たり前のようにお店を手伝い、大阪の調理学校を卒業。下関に戻ってから「こんどう」を守っている、まさに料理人になるべく生まれた新谷さん。こちらの店舗に移って5年、この4月にお母様が引退され、新谷さんのサポートを奥様が受け継ぎ、ご夫婦お二人で切り盛りされています。その連携プレーはお見事。「あうんの呼吸」で、お客様に丁寧かつ手早くお弁当を手渡す場面を目の当たりにし、「すてきだなぁ」と感じました。

五目ちらし弁当五目ちらし弁当 650円 代々引き継がれた五目ちらしと数の多いおかずが売り!(写真のおかず:煮物、オカラ、てんぷら、卵焼、コロッケ、サバ、切り干し大根)

 

さて、気になるお弁当は和食中心。代々引き継いだ伝統の味は、また食べたくなる味。その定評度は13時頃にはお弁当が売り切れてしまう、早い時には12時半には売り切れる、という点から見ても一目瞭然。煮物は、何種類もの野菜を別々の鍋で焚くので、その素材の味と出汁が程よく絡み、とても上品です。

一番人気は「五目ちらし弁当」。おじい様の代から人気のちらし寿司は、以前からの常連さんが日々お求めになるそうです。ほどよい甘みと酸味が絶品、おかずとの相性も抜群。日替わりで何種類ものおかずが付いて、そのお値段、650円(税込)なのも魅力!!7月から始めた「まる弁当」は、日替わり総菜の下に白ご飯が入って、値段600円(税込)。丸いお弁当箱は彩りもかわいく、女性にもお子様にも人気が出そうな予感♡

さらに、野菜たっぷりなので、ヘルシーな身体にもやさしいお弁当。伝統的な和食はなかなか料理しない筆者ですが、「こんどう」のお弁当を食べて、改めて「和食の魅力」に気づかされました。

それぞれの素材を別々の鍋で煮込みます。手間がかかっているからこそ、美味しいのです。

 


これだけでは足りない!という方には、コロッケや唐揚げなどのお惣菜も250円からご用意しております。こだわりの素材を一つ一つ丁寧に調理する新谷さんの味は、「こんどう」の味でもあり、日本の伝統の味でもあります。オードブルや仕出し弁当などでおもてなしもできます。値段や内容は気軽に相談できる点の「こんどう」の強み。この夏休みやお盆など、お子様にもご自身にも、和食の魅力を再発見されてはいかがでしょうか。

美味しそうに揚がった天ぷら。見たら思わず買っちゃいそう。

「こんどう」の地図や駐車場など詳細情報


鉢盛・仕出し・折詰 こんどう
下関市上田中7-2-1
083-223-3798
 ・火曜~土曜 09:30~13:00頃(売れ切れまで)
・月曜、日曜(仕出し予約のみ)
定休日なし
駐車場なし
なし

「こんどう」の近くにあるお店

昭和の雰囲気が残る唐戸商店街deお惣菜「旬のおかむら」唐戸商店街で毎日お惣菜を販売していらっしゃるご夫婦「旬のおかむら」の岡村さん。値段が100円から200円なんです!そんな岡村さんのお惣菜、食べてみたくありませんか?...
思いやりに満ちた人生の道しるべのような喫茶店「フルフル 」uzuhouseでかんもんノートのライターさん、yukoさんにはじめましての挨拶をしたあと向かったのはこちらのお店。 老舗喫茶店「...
ABOUT ME
山乃 撫子
山乃 撫子
2017年、先祖代々の地「下関」を世界に広めたいと移住。人にもスポットを当てながら、関門の魅力を発掘・拡散していきたいと思います。よろしくお願致します。