日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

門司港のとまり木のような安らぎカフェ「andante(アンダンテ) + cafe あるところに」

門司港レトロのほど近く。角っこのこちらのお店、気になってる方も多いのでは??

こちらはジャムとキッシュのお店。以前はテイクアウト専門店でしたが、今年春にリニューアルし、カフェスペースができました。

2012年にオープンしたandanteは、以前ご紹介した「twin-t」さんの店主姉妹が始めたお店です。

こちらもお姉さんが食事を担当、そして妹さんがドリンクと接客、そして内装も妹さんが手掛けています!椅子などの家具は購入したものもあるそうですが、門司で仕入れたものばかりだそう。

この日いただいたのはレンコンととり肉のキッシュ。もともとtwin-tで人気だったキッシュを、テイクアウトとしても販売し始めたのがandante。具がたっぷりでとっても美味しいです!

ドリンクもこだわったものが多く、ホットジンジャーミルクはほっとするあたたかさでこれまた美味しかったです^ ^

以前は焼き鳥屋さんだったというこちらの建物。当時から屋上に植物がたくさんあり、素敵だな、と思って見ていたのだとか。

テイクアウト専門店としてスタートしたandanteですが、当初からカフェにしたい、という思いはあったそう。ゆっくり時間をかけて手作りするスローフードを提供することから名づけられた”andante”。そこに、物語の始まりを思わせる”+cafe あるところに”が加わりました。

まだまだ内装はちょっとずつ変えていくそうで、「こうなったらいいな」「こうしたい」というのを少しずつ形にしていって、50歳くらいでいいお店ができたらいいな、と考えているそう。

門司港レトロでのイベントの際などに、ちょっと休憩するのに最適なandante。ゆっくりとゆっくりと、これからも続く物語。そんな物語を覗きに、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう^ ^

andante(アンダンテ) + cafe あるところに


住所北九州市門司区東本町1-1-26


電話番号


営業時間12:00〜17:00


定休日水曜日


駐車場なし


ホームページAndante 門司港レトロ店

忽那 恵 by

北九州生まれ、北九州育ち、北九州在住。OLをしつつ、門司港中央市場にあるシマネコブックストアの運営に携わる。ワープと分身を駆使して、日々楽しい人・場所を探訪中。
twitter02
SNSでフォローする