日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

春到来!思わず出かけたくなるお花見スポット「門司港編」

春を求めて!!

春分の日を境に、一気に春の陽気になってきました。あの寒さはどこへやら。暖かいというだけで元気になりますよね。

そしていよいよ今年も桜の季節がやって参りました~。嬉しい!!一気に咲いて散ってゆく、儚くも美しい桜を求めて門司港へゴー!!

こちらは門司港駅前にある、旧門司三井倶楽部の大島桜。満開です!きれーい!

訪れていたマダムたちも、キャッキャ言いながら記念撮影していました。花は女性の少女心をくすぐるんですね。ぐふっ

建物をバックにするとさらに見ごたえがあります。美しい~!

花と葉が同時に開くのが特徴です。桜餅を包む葉は、大島桜の葉を塩漬けにしたものなのです!(豆知識)

続いてはこちら!「門司港レトロ展望室」前です。これは・・・何桜でしょう??剪定されすぎたのかちょっと寂し気な桜さんです。泣

はい!次!
3月いっぱいで閉館してしまう、「国際友好記念図書館」前です。こちらは河津桜でしょうか。色鮮やかなピンク色が一際目立ちます。
河津桜は早咲きの桜なので見ごろもピークを迎えています。

 

桜といえばソメイヨシノでしょ?

日本に植えられている桜の約8割がソメイヨシノなんですが、その歴史は浅く、実は明治の初めに生まれました。江戸彼岸と大島桜の交配種。(豆知識2)

元々、古くからあったわけではなかったんですね。今でこそ誰もが知っているソメイヨシノも、日本の近代化と共に広まっていたんですね。

なんだか感慨深いですな~

さてさて、門司港レトロ地区から少し離れて電車道へ。
線路添いの、お散歩ロード(勝手に命名)にもソメイヨシノさんが咲いておられますよ。

散歩中のおじいさんと会話しながら鑑賞。
同じ桜でも、どうして咲くのが早いのと遅いのがあるんだろうか?自然って不思議やね~と言って去って行ってしまいました。
品種が違うからでは?とは言えなかった・・・笑

とにもかくにも、花を通して道行く人と会話が生まれるなんて素敵だと思いませんか?

まだまだこれから開花する桜もたくさん!今からが見頃です。ぽかぽかな春の日、桜を見に門司港へ!!

ume by
東京生まれ。その後西へ西へ移動しながら父の故郷である北九州小倉へ移り住む。3年前に15年離れていた北九州に戻る。 旅好き、食べ歩き好き、何より楽しいことがすき。まだ知らない北九州の魅力を探る日々。
SNSでフォローする