生活

門司で歌い継ぐこと52年「門司少年少女合唱団」

「門司少年少女合唱団」とは

門司に52年間続く、小学1年生から高校3年生までが所属する合唱団があると聞きつけ、早速、練習場所である門司生涯学習センターを覗いてみました。


歌声が聞こえてくる講堂の扉をそろりと開けてみてビックリ!ものすごい声の厚みと美しい歌声!それだけでも衝撃を受けたのに、さらに目を奪われたのが、指導をしている中山先生のこの動き!



ちょっとー!めっちゃ面白いですやん!(笑)

そんな陽気な中山先生は音楽の先生なのですが、なんと、元門司少年少女合唱団の団員さんだというからさらに驚き。それを受けてか現団員の皆さんもすっごく楽しそう。



とはいえ、この日は12月23日に開催されたクリスマスコンサートの前日練習だったので、みんな真剣そのもの。何度も何度も歌っては調整をしていました。


歌うのが好きなコ、人見知りだったコ、引っ込み思案だったコ、音痴だって言われたコ、色んなキッカケで歌い始めた団員たちに共通する「歌が大好き」という想い。


一人ではできないことも、みんなと一緒だったら勇気が持てるし、やり遂げたときの喜びも倍になりますよね。


団員は高校生までですが、受験などもあるため、チームをまとめているのは中学生。しっかりしているなー。


礼儀などもきちんと指導していると伺ったのですが、練習終わりになんと!筆者にまでご挨拶してくださいました。感激!


いよいよ明日はクリスマスコンサート本番。


よろしくお願いします!

「門司少年少女合唱団」クリスマスコンサート

ドキドキの本番当日

少し雪がちらつく12月23日(日)。旧門司税関にて開催されたクリスマスコンサート。団員たちと共に会場へ向かいます。


会場設営など準備に走り回っていたのは、合唱団OBや団員の親御さん方。


みんなの想いが沢山詰まったみんなで作り上げる年間行事のひとつだそうです。衣装に着替えて会場入りした団員たちは、歌やMCの順番、振付などを入念に確認。


みんなおそろいの衣装がすっごく可愛い。


お姉さんたちが年下のコたちのお手伝いしている姿を何度も見かけましたよ。先生から団員へ、団員から団員へ。そうやって思いやりをも繋いでいるのですね。


すっごく良いチーム。



緊張してる?そう尋ねると、緊張よりも楽しいが勝っているので本番が待ち遠しいです。と、凛とした表情が本当に素敵でした。

いよいよ開演!

開場時間が過ぎ、お客さんも続々と着席し始めた頃、なんと!サンタクロースが登場。


会場の様子をやさしき眼差しで見守っていました。


小さなサンタさんもわくわく。


そしていよいよクリスマスコンサート開演ーーーー!!


中山先生も絶好調!みんなもやっぱりいい笑顔!


来場のお客様も一緒に歌っていてとてもあたたかな聖なる夜。



歌っている人も聴いている人も楽しく元気になれる。もしかしたら合唱団ってそんな魔法が使えるのかもしれないな。そんな気持ちにさせてくれる、あたたかな空気に包まれたとても良いコンサートでした。筆者も一緒に歌って踊りたかったなー。

「門司少年少女合唱団」からのお知らせ

そんな門司少年少女合唱団ですが、3月10日(日)にグランドオープンする門司港駅の記念イベントに出演決定!


礼儀正しく真っ直ぐに歌と向き合い仲間と共に成長していく。そんな家族のようなあたたかい合唱団は、一緒に歌いたい仲間を随時募集しています。

対象年齢:新小学1年生~中学3年生までの男女

体験や見学もできるそうなので、お気軽に問い合わせてみてください。門司少年少女合唱団の皆さま、ご協力ありがとうございました!また素敵な歌声を聴かせてくださいね♪

「門司少年少女合唱団」の練習場所など詳細情報

門司少年少女合唱団
090-7471-7869 [代表:中山先生]
なし

門司生涯学習センター


北九州市門司区栄町3-7
14:00~17:00
第1・3・5土曜日

北九州市立萩ヶ丘市民センター


北九州市門司区大里戸ノ上3-8-1
13:30~16:30
第2・4土曜日

ABOUT ME
金村 知香
金村 知香
生まれも育ちも北九州。北九州在住。 上京していたものの約10年前に帰郷。 趣味はバドミントンと神社/お寺巡り。