日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

耳鼻咽喉科をリノベーション!やさしさがたくさん詰まった「mimi hana カフェ」

お店の名前の由来は?

下関から徒歩10分ほどのところに、耳鼻咽喉科の医院だった建物をセルフリノベーションしたカフェがあります。

その名も「mimi hana カフェ」。そう、mimi hanaは耳、鼻から付けられた名前なんですね。おもしろい!

「mimi hanaカフェ」さんのおもしろいところはまだまだあります。店内には、耳鼻科の病院だった名残がちらほら。

“吸入室”の札がそのまま残っていたり、診察台も置かれたままになっています。

そして、ママさんにやさしい工夫もたくさん。まずは何と言ってもボールプール!子供たちが遊んでいる間にゆっくり食事することができます。

しかもこちら、大人も入ってOK!!そのために広くしているそうですよ。ぜひ、童心に返って遊んでみてください♪

お子様用の椅子もたくさんあり、おむつの準備も!

水槽も、子供たちは興味津々で喜びますよね。

ママさんたちにやさしいカフェとあって、お昼時に真ん中の大きなテーブルでママさんたちが集うことも多いようです。

メニューも定食からデザートまで豊富なラインナップ。

おすすめはナポリタンだそうです!

定食にはサラダとスープ、ミニデザートまで付いてとってもお得。

おいしくてボリュームもあるのにお値段はお手頃で、お昼時は次から次にお客さまが来店されていました。

 

ただのカフェではないステキな場所

mimi hana カフェ、もう一つ、カフェとは別の側面があります。それは、障がい者の方の就労を支援する「障がい者福祉事業所」でもあるということ。

就労に向けてゆっくり準備したい方や、一般就労を目指すのはまだ厳しいけれど、働くことや社会とのつながりは持ちたい、という人たちが利用者として就業体験を行っています。

仕事の内容は、カフェでの接客や仕込み、イベントでの接客販売までさまざま。それぞれ得意分野を活かしているそうで、みなさん楽しそうにお仕事されていました。

カフェの一角には、雑貨コーナーも。雑貨製作担当の方たちもいらっしゃるということで、作業部屋にもおじゃまさせていただきました。

室内にはミシンがあったり、絵の具などの道具もあふれ、ここからたくさんのかわいい雑貨が生まれているんですね。

カフェスペースはとても広々。

二人用のスペースから大きなテーブル、ゆったりとしたソファや個室もあり、誰といっても、何人で言っても楽しめるカフェとなっています。

やさしさとあたたかさが詰まったカフェでくつろぎのひとときを、ぜひ。

mimi hana カフェ


住所下関市新地町2-13


電話番号083-232-3387


営業時間11:00〜15:00(L.O.14:30)


定休日日曜日・月曜日


駐車場あり(3台)


ホームページmimi hana カフェ
Facebookページ

忽那 恵 by

北九州生まれ、北九州育ち、北九州在住。OLをしつつ、門司港中央市場にあるシマネコブックストアの運営に携わる。ワープと分身を駆使して、日々楽しい人・場所を探訪中。
twitter02
SNSでフォローする