お店(飲食以外)

下関のアーティストたちの聖地、ライブハウス「下関RedLine」

「下関RedLine」は、今年で9年目を迎えるライブハウスです。

2年目に移転した現在のビルは、代表である酒本さんが『下関の空き家をなくしたい』という思いから廃墟となっていたビルをライブハウスとして改装したとのこと。

もともとご自身がミュージシャンだった酒本さん。

全国のミュージシャン仲間を呼びたくても、下関には呼べるライブハウスがなかったことから、自らライブハウスを運営することに。

今では、クラブイベント・ロック・ジャズ・そして演劇から落語まで、オールジャンル幅広いステージが繰り広げられ、下関のアーティストたちにはなくてはならない場所となっています。

『普段は観れないようなメジャーなアーティストを下関に!』という想いもあり、過去には様々な大物アーティストもRedLineでライブを行っています。

「下関じゃ無理」だと言われるようなことも、打破していきたい、と語る酒本さん。

下関にもアーティストを身近に感じられる場所がある。

そんな、アーティストとお客さまをつなげる役割も担っている“RedLine”は【赤道】という意味から付けられ、『下関を熱い街に』という想いが込められているのだそう。

お話を伺っていると、まさに、RedLineが盛り上がることで、下関という街全体が活気づくような“熱さ”を感じました。

RedLineでは、会場のレンタルにも対応しており、結婚式の二次会やバーの貸し切りも可能。

もちろんライブに出たいというアーティストの相談にも応じており、RedLineでの出演を重ね実力が認められれば、大物アーティストの前座になれるチャンスも!

RedLineは、そんな夢と希望が詰まった場所です。

月に7、8本はライブやイベントを行っているRedLine。

ぜひホームページやFecebookでチェックして、その“熱さ”を体験してみてください☆

下関RedLine


住所下関市豊前田町2-5-3 レッドラインビル2F


電話番号083-250-7512


営業時間公演スケジュールによる


定休日公演スケジュールによる


駐車場なし


ホームページ下関レッドライン
Facebookページ

ABOUT ME
忽那 恵
忽那 恵

北九州生まれ、北九州育ち、北九州在住。OLをしつつ、門司港中央市場にあるシマネコブックストアの運営に携わる。ワープと分身を駆使して、日々楽しい人・場所を探訪中。
twitter02