日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

大正5年に作られた「清滝公園」のすごい話。

こんにちは!先日とっても暑い日に見つけた「清滝公園」の文字!!!滝!?涼しいかなぁ♪ワクワク!

そんな期待を込めてやってきました清滝公園。あれ?どこだ?

これかなぁ?

どこにも見当たらない。滝はどこ?

反対側。これは滝からの、川?

これはダム。ダムしかない。なんだこれは…。最近は、清滝公園といえば、夜景スポットで有名になっているそうです。

(ダムの少し上の方から。車道より)

確かに、夜は綺麗だろうな〜!。滝の行方について調べてみました。

 

北九州第一号の都市公園

タイトルにも述べましたが、この公園が作られたのは大正5年。造園家の本田静六さんが作ったデザイナーズ公園だそう。この方は東京の明治神宮、福岡の大濠公園も作った方だそうです!へえ!

 

小倉北区の足立公園まで繋がっている!

公園そばに遊歩道があります。

門司区の清滝公園から始まる、”企救(きく)自然歩道”は、小倉北区の足立公園まで繋がる21kmにもなる遊歩道があります。

企救自然歩道とは…手軽に自然や歴史に触れ、自然保護意識を高める歩道です。

これが小倉まで繋がっているなんて…!驚き!!

 

災害で崩壊

清滝公園は、昭和28年に崩壊してしまい、今はわずかな滝しか流れていません。だから見当たらなかったのか…

(当時の写真)

すごい!見てみたかったなぁ…残念。

 

山頂は風頭!登ってみてね!

後から知ったのですが、清滝公園はトレッキングコースとなっていて、山頂(364.3m)からは360度パノラマビューが望めるそうです!

関門海峡はもちろん、周防灘、玄界灘まで見れます。9号目まで車で行けば、20分くらいのお気軽トレッキングコースにも!

是非、登ってみてください!歴史ある素晴らしい公園だったんだと改めて知りました。

清滝公園


住所北九州市門司区元清滝1


電話番号


営業時間


定休日


駐車場あり(2台程度)


ホームページなし

yui by
福岡産まれ、福岡育ち、結婚して下関に住んで4年目。オーストラリアに住んでいたことも。趣味は旅行、読書、お酒、カフェ巡り、可愛いもの甘いもの大好き!楽しそうな事をたくさん記事にしていきたいと思います。
SNSでフォローする