お土産

下関で買える、毎日食べたい「ご飯のおとも」食べ比べしてみた!

「ご飯のおとも」便利すぎるぞ!

本日は、毎日の食卓に取り入れたい、めちゃくちゃ美味しい「ご飯のおとも」をご紹介!パッケージも素敵なのでお土産にも最適。おかずが無くても、これだけあればご飯が進む!手軽で美味しい「ご飯のおとも」是非とも食卓の参考にされてみてください~~~!!

下関で美味しいと噂の「ご飯のおとも」達

集めてみました「ご飯のおとも」7品。(左上):アカモクもぐもぐ
(右上):しそわかめ
(下段左から):ふぐさしわさび ふぐ味噌 鯨の大和煮 雲丹めかぶ

え?食べたことない?はっきり言わせてもらいますと、人生損してます!!(笑)

ではさっそくご飯に乗っけてみました。おおお〜美味そう、そして美しい。


先に言っちゃいますけど全部めっちゃ美味しかったです。

殿堂入りを果たした「ご飯のおとも」はこちら

みんなでランキングつけようって話していたのですが、1つだけ、全員が好きすぎて、勝手に殿堂入りにしちゃいました。

「しそわかめ」井上商店

この記事を読んでいて、もし食べたことのないという方がいらっしゃいましたら、生きてるうちに一度は食べてみて下さい。大人から子供まで多くの方に愛される懐かしい味で、一度食べたらヤミツキ!冷蔵庫に常備必須。明日、他県の知り合いに配りまくりたくなる、そんな「しそわかめ」です。

先日、娘の保育園の給食でも出ていたので、下関人のほとんどの方が、物心つく前から食べているのでしょう!食べ比べメンバー6人全員一致で、殿堂入りにさせて頂きした!!

さて、1位に輝いたのは・・・

「ふぐさし(わさび味)」玄洋社

ここからは食べ比べメンバーの多数決(忖度無し)で進めさせてもらいます!評が1番多かったのはこちらのふぐさし
下関市彦島の会社で、白ワインに合う新しいふぐ料理として作られたそうです。そう、新しい!こんなふぐ食べた事ないぞ!という感動、わさびがきいててすごく美味しい。お酒にもご飯にも合う!!!他にも「塩辛」、「柚子こしょう」、「うに」、「こんぶ」の全5種類あるそうです。ご飯にのせましたが、贈答品にも喜ばれるおしゃれな瓶でした。楽天で買えるので、大人買いしてみて!

楽天サイトへ

2位は・・・

「うにめかぶ」やまみうに

うにとめかぶ、合うんやね!!(うんうん言いながら激しく頷く一同)甘めの味付けでご飯にすごく合うし、美味しい!!うにが入ってるのに540円という破格のお値段で良心的〜と思いきや、瓶の中は、ほぼめかぶ(笑)しかし、食べてみれば納得で、うにはこの量で丁度いい。計算され尽くされた「うにめかぶ」是非とも食べてみて欲しい一品です。

「あかもくモグモグ」山西水産

食べる前から「佃煮って、これ絶対美味しいやつやん」口に入れた瞬間「ほらね」と全員が言ったご飯のおともはこちらの「あかもくモグモグ」。スーパーフードで有名な「あかもく」柔らかくてシャキシャキした食感に醤油と砂糖で甘めの味付けでご飯に合う〜!これだけ美味しくて、手軽に美容と健康にいい栄養たっぷり摂れるなんてステキ!免疫を高める効果もあるのだとか。下関産の無添加で、美味しい「あかもくモグモグ」お子様がいるご家庭にもおすすめです。

4位は・・・

「ふぐみそ」吉田水産

ふぐの身を丁寧に取って味噌煮にされた「ご飯のおとも」こちらも新しいフグの食べ方を追求された商品。個人的に「ふぐみそ」が1番好き。味はサバの味噌煮に似ていて、ご飯にめちゃくちゃ合う!!私はサバの味噌煮があれば、生きていける系の人間なので、同志の方がいれば絶対に好きなはず!!毎日おにぎりの具に入れて持ち歩きたい。お酒のおつまみもこれだけでいい。(本気です)あまりお店に置いてなくて気軽に買えないから、もっと流通して欲しい!!彦島の吉田水産の工場に行って買えますよ。あなたも是非!

「鯨大和煮缶詰」マル幸商事


醤油と砂糖と生姜で甘く煮た鯨の缶詰は、食べるとお肉のような食感で、食べ応え抜群!下関の人はこれまた鯨の竜田揚げが給食などで良く出ていたそうですが(おいしそう!羨ましい。すみません福岡出身なので)「鯨の臭みがなくて美味しい!」「おかずがない時に使えるから常備しときたい!お土産にも良い」と、好評でした。

全部のっけ丼サイコー!


いかがでしたでしょうか。食べ比べている間、下関にこんなに美味しいものがあったなんて!という感動のひと時でした。「ふぐさし(わさび)」「うにめかぶ」「鯨の大和缶詰」「しそわかめ」は、下関のカモンワーフで購入可能です。みなさんも是非お試しください!

ABOUT ME
yui
yui
福岡産まれ、福岡育ち、結婚して下関に住んで4年目。
オーストラリアに住んでいたことも。趣味は旅行、読書、お酒、カフェ巡り、可愛いもの甘いもの大好き!
楽しそうな事をたくさん記事にしていきたいと思います。
→このライターの記事一覧はこちら