日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

「ボンジュール」のシュトーレン その後の話

ボンジュールを再訪問

いつもかんもんノートを読んでくださってありがとうございます!

以前記事に書いた海峡の焼き立てパン「ボンジュール」のシュトーレンがとても美味しくて、一緒に食べた友達にも好評だったので、「まだあるだろうか」とまたお店をたずねてみた。

シュトーレンは待っていてくれた。バレンタインシーズンだから「ココアシュトーレン」に姿を変えて!

天然酵母ココアシュトーレン
天然酵母と天然素材のみで作るココア入りフルーツたっぷりのドイツパン
チョコにあうクランベリーとオレンジ
薄くスライスしてください
しっとりしてソフトなのに驚きます
日がたつごとに味に深みがでます

このリード文を読むだけで美味しさが伝わってくるような気がした。

できたてでまだお店に出ていなかったシュトーレンを一番のりで買い求めることができた。

忙しいなか手を止めて出てきてくださった店主の松行さんにその後の話を聞いてみた。「かんもんノート」を見てパンを買いに来店された方がいらっしゃったとのこと…その方が「かんもんノート」は内容が面白いからよく見ている、とおっしゃっていたとのこと!

とてもうれしかった。記事を読んでお店に行ってくださった方、ありがとうございます!

 

6日後

そして今日。寝かせておいたボンジュールのココアシュトーレンを切った。

真ん中を切って薄く切る。ココア生地にくるみやレーズンがたっぷり練り込まれているのがわかる。

こっちは底側。レーズン好きにはたまらない。
いただきまーす。

ボンジュールのホームページに「シュトーレンのおはなし」というコンテンツがある。これを見ながら一切れ一切れ大切に食べようと思う。

天然酵母で天然素材。酵母を起こすところからつくる手順を目で追っていくととても手間暇がかかっていることがわかる。

買ってきてしばらく寝かしておくことで楽しみや美味しさがどんどんふくらむ素敵なドイツのパン(お菓子)・シュトーレン、よかったらみなさんも食べてみませんか?

これは思い出のシュトーレンを絵にしてみたもの。ボンジュールのシュトーレンも絵に描いてみようかなあと考える甘党イラストライターmiromiでした。

ボンジュール


住所下関市貴船町1-12-3


電話番号083-231-5720


営業時間7:00〜18:00


定休日日曜日・祝日


駐車場なし


ホームページボンジュール

miromi by
青春時代を過ごした下関に15年ぶりに帰ってきました。ひとつのお菓子からひろがる物語を絵に描いています。新作LINEスタンプ「甘党のもっちゃん 物語」LINE STOREで発売中。
instagram02
SNSでフォローする