日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

下関を違った視点で撮る!「鴻池和彦さん」

株式会社cineposの鴻池和彦(こうのいけ かずひこ)さんを取材させていただきました。

鴻池さん

映像関係の人って近寄りがたい気がしていましたが、とーーーっても穏やかで優しい方でした。(ほっ)

下関の物足りなさや、下関をコレでよし!としない、そんな想いがあるからこそ、下関の魅力を伝えることができると言います。

 

実は面白い経歴の持ち主!

元々俳優志望で上京予定だった鴻池さん。(実際に俳優をされていた時期もあるそうです!)色々あって(笑)大学進学を前に少し方向性を変えて文学を学ぶ道へ・・・

それが正解!視野がぐーんと広がり、大学卒業後映像関係の仕事に就き第一線で活躍!

2005年に下関に戻り、なんと郵便局長を務めた後、独立。今では映画配給から、下関を舞台にしたCMや映像の撮影、イベント事業、出版、コピーライティングなどなどなどなど様々な分野で活躍されています。

 

明日、自分にもしものことがあったとしても後悔しない生き方を!

想像力豊かな鴻池さん。例えば好きな人がいたとします。告白からフラレるまでの想像をしすぎて、結局2番目に好きな人に告白しちゃうような学生だったそう(笑)そして、それを猛烈に後悔するという。
そんな学生時代の反動が今の仕事に表れているんだとか。「あの時、あぁしとけば良かったって思いたくないな~って」だそうです。

独立した当初よりはるかに多忙になったという鴻池さんですが、次々と新しい事にチャレンジされています!

 

出会いのタイミングは大切

「ふらっと立ち寄ったのがきっかけでしたね、引き寄せられたように。」

鴻池さんと中村さん

capanna di CIPOLLA」の中村さん(写真左)と出会ったことで、capanna di CIPOLLA 3Fの「Cinéma chlorine(シネマクロール)」で月に1度、1週間の映画上映が実現しています。

「犬も歩けば棒に当たるって言いますけど、歩かないと棒にも当たりませんからね。(笑)一人の力なんて、たかが知れてますけど、出会いによっていくらでも大きな力になりますし、新しい発見ができます。」
なるほど!!お尻に根っこが生えていた私ですが、重い腰を上げていろんな人に会ってみます!

 

映画を選ぶ基準は、ずばり「勘」です!

上映中映画アップ

現在「Cinéma chlorine(シネマクロール)」では「ふたりの旅路」という映画を上映中。

鴻池さんが選ぶ映画は、誰かに話したくなる映画。

なんて言うか、見終わってハッピーみたいな映画は少ないんだとか。モヤモヤすることもあるみたい。「見た人が何かを感じて、それを話し合える。そんなコミュニティが生まれる場所になればいいかなぁと。」

 

なるほど。素敵なお話ありがとうございました!!皆さんも鴻池さんの研ぎ澄まされた「勘」が選ぶ映画を観に来ませんか?

株式会社 cinepos


住所下関市南部町21-19 下関商工会館1F


電話番号083-249-6490


ホームページ株式会社 cinepos
Facebookページ

tae by
突如下関に現れた関西人。子どもと関わる仕事の経験がありながら、2歳児の子育てに日々てんやわんやの主婦です。親目線、子ども目線での情報を提供していきます。
SNSでフォローする