日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

身体も心もぽっかぽか‼︎ 寒い日は「噴泉湯」で温まろう‼︎

神田川の世界へGO!!

西の端のバス停近くのこの看板。

看板

前から気になってたんだよなぁ。

釜風呂ってどんな感じなんだろう。

外観

よし、行ってみよう!ついでだから取材しちゃえ。

というわけで、唐戸の「噴泉湯」さんにおじゃましました。

入口

なんだか昭和なこの感じ。心の中のBGMはやっぱりこの歌。

あなたは〜、もう〜、忘れたかしら〜。赤い〜手ぬぐいマフラーにして〜、2人で行った〜横丁の風呂屋〜。

湯舟

湯舟はこんな感じ。12〜3人ぐらいは余裕で入れそうな広さ。

洗い場

洗い場はこんな感じ。

清潔でお湯も綺麗だけど、まっ、こんなもんだよね〜っ。あれ、釜風呂は?

釜風呂入口

あっ、お風呂の奥に入口発見‼︎

2畳ぐらいのドーム状のお部屋で赤泥の壁。この赤泥からの遠赤外線によって、5分ぐらいすると体の芯から温まって、汗が滝のように出るんです。

釜風呂内部

平均的なサウナで5分後に出る汗の量が小さいコップ1杯分としたら、ビールジョッキ分ぐらい汗が出ます‼︎ 

老廃物を汗とともに流し出し、血行を良くしてくれるそうです。しかも温度も60度ぐらいで、熱すぎなくて気持ちいいんです!ゴロッと寝転べるのもいい‼︎

さて、釜風呂にも入ったし満足満足。。

半露天

おやっ、まだお風呂がある!

半露天の薬湯と水風呂。

半露天2

晴れた夜には星も見えるんだって。

 

ここで長年の夢を実現!

「すみません。。入浴シーンとか撮影してもいいでしょうか。。」

「はい、いいですよ〜。でもなんで?必要?」

入浴シーン

いや、単に一度やってみたかっただけです。すみません。。誰得?って感じですが。。鎖骨も付け忘れてるし。

お湯はぬるめで外は2月の芯から冷える寒さ。

気持ちよくて、この後30分ぐらい浸かってました。次のアポがなければ、もうちょっと浸かってた。。

そして、釜風呂と薬湯効果で、お風呂あがりはお肌ツルツルのピッカピカ。

ご家族

とっても優しい噴泉湯のご主人とご家族の皆さん。常連の皆さんも、「取材に来たんだって〜?」っと気軽に話しかけてくださるんです。しかも、壁越しに男湯の方も。ああ、こういうの、いいなあ。

ドライヤー

無料で借りられるドライヤーも嬉しい。貸しバスタオル(50円)もあるし、小さい石鹸やシャンプーの販売もしているので手ぶらでふらっと来ても大丈夫です。

噴泉湯はなんと約70年前、今のご主人のご両親が始められたそう。

昔の看板

その当時の看板がこちら。

70年も常連さんや地域に支えられて続いてきた銭湯。なんか感動。

最新のスーパー銭湯もいいですが、昔ながらの銭湯、人情に溢れてお湯も釜風呂も最高でとっても楽しかったです!

皆さんも是非、神田川の世界を味わえてお肌ツルツルになれる「噴泉湯」へ行かれてみてください。

わ〜か〜かった、あの頃〜、何も怖くなかった〜。

噴泉湯


住所下関市田中町4-1


電話番号なし


営業時間15:00〜22:00


定休日日曜日


料金大人_420円 小学生_150円 6歳未満_80円


駐車場あり(7台)


ホームページなし

土井未知 by
下関出身。大学進学を機に、京都→マレーシア→韓国→カンボジア→福岡→インドと放浪生活を続け、2017年6月に下関にUターン。 インドには約10年間住んで、カレーを食べて踊りながら生活をしていた。 ずっと外に出ていたからこそ分かる地元の良さを、色々な人に伝えたいと、ど素人ながらライターに手を挙げてみた。 人が好き。旅が好き。お酒が好き。読書が好き。家でのんびりするのが好き。片付けと球技とイイダコが苦手。
SNSでフォローする