イベント

神ってる「CON t RAST」が面白い!

「CON t RAST」はこんなイベント

共通項を対比する音楽企画が、下関に誕生しました。メインはフランスの作曲家C. フランクの「ソナタ」をチェロとバイオリンで演奏します。


一回目はチェロの回。3月17日(日)午後7時開演。会場は音響がめちゃくちゃよいと評判のドリームシップ「風のホール」。

チェロは、現在東京交響楽団首席奏者の西谷牧人、ピアノはスタインウェイ公式アーティストの新居由佳梨。二人のコラボも素晴らしいが、この企画自体が神の思し召しのようなストーリーを含んでいました。(2回目バイオリンは8月18日(日))


≪ピアノ≫ 新居由佳梨


≪チェロ≫ 西谷牧人

permanent realityは下関市民活動団体(非営利)の一つ。「ふくふくサポート」にもリストされている団体です。代表の増田さんに話を伺いました。長い間彼女が温めていた別々の企画がこの「共通項 vs 対比」のアイデアでぴたっとひとつにハマったのだそうです。ところが当初進めていた出演者が不測の事態発生で急きょ変更に。本来、急な変更はうまくいかないことも多いかと思いきや、様々な連絡や交渉があれよあれよとスムーズにうまくいき、不測の事態発生からわずか数時間で今の企画が出来上がったのだとか。もちろん種をまいたりして努力されていたとは思うのですが、「これって『今、この企画をやりなさい』という神のお告げじゃないか!!」と思う筆者。しかも20名の小中高校生は抽選で無料招待です!!本格的な音楽をライブで、しかも無料聴けるなんて、とってもラッキーではありませんか!なんて粋な計らい。それには、増田さんの強い想いが反映されているのです。

今回共通項として選曲されたC.フランクのソナタ。弦楽器奏者にとってはメジャーな大曲であり、作曲家のエピソード付(チラシ参照)。増田さん自身も、忘れられない一曲なのだそうです。(その想い出は別途。)また、中学2年の時、当初始まったばかりの「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を聴きに行き、とても感銘を受けたのだとか。その体感が忘れられず、同じような機会を子供たちにも持ってもらいたい、と願う気持ち。この世の中やライフスタイルが変化・進化していく中で、音楽やアートに感動する心は変わらない、そして、その体感は大人になっても忘れられない記憶となって心に刻まれるはず。増田さんはそう話してくれました。

下関市の小中高生の皆さん、そして、その保護者の皆様。この機会にぜひ、電子音ではない音楽を体感する機会を作ってみてはいかがでしょうか。新たな感性が広がります。増田さんの想いに、とても共感を覚えた山乃撫子でした。

【小中高生の無料ご招待】締切間近!!3月11日(月)ドリームシップまで!

「CON t RAST」のイベントや会場地図、駐車場など詳細情報

イベントについて

 CON t RAST
 DREAM SHIP(ドリームシップ)
 2019年3月17日:西谷牧人(チェロ)・新居由佳梨(ピアノ)・2019年8月18日:礒 絵里子(ヴァイオリン)・新居由佳梨(ピアノ)
 19:00〜20:50(18:40開場)
  全席指定:一般3,500円
CONtRAST-下関市文化振興財団

会場について

 DREAM SHIP(ドリームシップ)下関市生涯学習プラザ
 下関市細江町3-1-1
083-231-1234
 9:00~22:00
 なし
駐車場あり(80台/有料)
DREAM SHIP(ドリームシップ)

ABOUT ME
山乃 撫子
山乃 撫子
2017年、先祖代々の地「下関」を世界に広めたいと移住。人にもスポットを当てながら、関門の魅力を発掘・拡散していきたいと思います。よろしくお願致します。