日本語 한국어
何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

信じる者は救われる?幸運を呼ぶっぽいスポットin 門司港駅

1つ1つに意味がある!!

いつ来てもどこか懐かしさを感じる門司港駅で、いつもは通り過ぎてしまうスポットをご紹介したいと思います。

ホームに降りて改札へ向かって歩いていると見えてきます!「旅立ちの鐘」

明治24年に開業した門司港駅。現在の駅舎が大正3年に新しく建てられた際に、列車の出発時の「出発合図の鐘」として使用されていたものだそうです。

昭和に入り、「安全の鐘」としてお客様を見守ってきました。そして平成になり、「旅立ちの鐘」として生まれ変わりましたとさ!

役割を変えながらもずっとここで、私たちを見てくれていたんですね~。

ん?ってことは平成が終わるとまた、新たな役割がやってくるのだろうか・・・どちらにせよ、優しい鐘には違いない!

そしてこちらも見てほしい!「幸福の泉」

鐘を鳴らしてから、幸福の泉にコインを投げて願い事をすると叶うとか。ほんとかな~?

中にはコインが入ってはいるが・・・誰か試しにやってみてください。

「0哩(ゼロマイル)標」ここは九州の鉄道の起点となった場所なんです!始まりの場所ってなんだか縁起がいいですね。

改札を出て右へ行くと洗面所があります。無駄に手を洗ってみたくなる!

その前にあるのがこちら!「帰り水」こんなレトロな蛇口あまり見たことないですよね。

終戦後、兵隊さんたちが日本に帰ってきて安堵の思いで喉を潤したとか。なんと!そんなストーリーがあったなんて全く知らずにごめんなさい。

ひび割れや錆が歴史を物語っていますね。ありがたや~。

 

幸運はトイレにあり!!

そして門司港へ来たら入ってほしいトイレ!こちらは「幸運の手水鉢」です。

この青銅製の手水鉢は大正3年の建設当時から残っている貴重なもの。戦時中の貴金属供出からも免れた、おそらく日本一ラッキーな手水鉢!!

ここで手を洗えば、きっとあなたにも幸運が訪れるでしょう!間違いない!

さて、水はどうやって入れ替えているのだろうか?という疑問は残るが・・・こんなにも身近にラッキースポットがあるなんて!

知れただけでもラッキー!!になってしまった筆者の幸せ探しはつづく。

ume by
東京生まれ。その後西へ西へ移動しながら父の故郷である北九州小倉へ移り住む。3年前に15年離れていた北九州に戻る。 旅好き、食べ歩き好き、何より楽しいことがすき。まだ知らない北九州の魅力を探る日々。
SNSでフォローする