観光

こんなところで鯨に出会えるとは!「平成関門絵巻」

鯨アップ
こ、これはまさか、あの「宮本武蔵の鯨退治」なのでは?!

壁画

唐戸銀天街を抜けていくと、突如現れる大きな壁画。
歌川国芳の「宮本武蔵の鯨退治」が大好きな娘は
「むさし~だ!むさし~だ!」と大興奮!

鯨アップ

でも、よーく見てみると、武蔵、いないね?

鯨アップ2

はて?ではコレは何だろうか?

 

金子みすゞの下関最初の詩碑

金子みすゞ詩碑

壁画の鯨にまず目が行ってしまいましたが、この壁画のすぐそばに、金子みすゞの詩碑(日の光)がありました。

1997年に建てられたものらしく、下関では最初になる金子みすゞの詩碑なんだとか。

平成関門絵巻

そしてこの壁画は「平成関門絵巻」と言って、金子みすゞの「鯨捕り」という詩をイメージして描かれたんだそう。

平成関門絵巻の詳細

ガラス戸に映り込んでいるのは私です。ホラー感あってすみません。

なにはともあれ、ここ新名所ですから!
通ることがあれば、これか!と気に留めてもらえたら嬉しいなぁ。

 

おまけ:2歳の娘が武蔵と鯨に夢中な理由

歴女ではありません。

Eテレで放送されている「びじゅチューン」と言う番組をご存知でしょうか?

井上涼さんが、絵画や美術品から独自にイメージしたことを、ユニークなアニメーションと歌で面白く紹介してくれている番組です。

その番組でたまたま「宮本武蔵の鯨退治」が取り上げられていて、娘が大好きになったというわけ。

気になる方はびじゅチューンで「武蔵の遅刻理由」というタイトルの物を探してみてくださいね♪

たまたま見て夢中になったものが、下関を連想するものでなんだか嬉しい私なのでした。

平成関門絵巻


住所山口県下関市唐戸町4-1付近


ABOUT ME
tae
tae
突如下関に現れた関西人。子どもと関わる仕事の経験がありながら、2歳児の子育てに日々てんやわんやの主婦です。親目線、子ども目線での情報を提供していきます。